肌が綺麗な女性は心も綺麗なのか?

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

肌が綺麗な女性

肌が綺麗な女性を見ると、毛穴とかの細部までまじまじと見たくなります。

男性なら、「なんて綺麗な肌だろう・・・」と見とれるかもしれませんが、
女性なら、

「どうしてこんな綺麗なんだろう?」「どうやって手入れしているのだろう?」
「美意識高そうだなあ」「なんだか羨ましい」

と、思ってしまいますよね。

そのような感じで、肌が綺麗な女性って見た目はとても魅力的なわけですが、
じゃあ心の中は一体どうなんだろう??と私は考えてしまいます。

もしかしたら僻みかもしれませんが、
肌が綺麗であることに対するプライドとか、誰にも負けない強気の精神をお持ちなのではないかと思います。

別にそれが良いとか悪いとかはないのですが、
そういった心によって、あらゆるストレスやいざこざも生まれてくることがあるとも思ってしまいます。

別にプライドや強い精神があまり無い人でも、もちろんそういったマイナス的な出来事って起こりうると思いますが、肌が綺麗な女性ならその女性なりのマイナス面があるのではってことです。

それはそれは、
相当の労力を費やしている気がします。

そもそも「肌が綺麗」って何よ!?

先ほどから「肌が綺麗」って言葉を使っていますけれども、いったいどんな状態の肌を綺麗っていうのでしょうか?

・・・ちょっと哲学的な疑問かもしれませんが(^^;)、あなたもそう思いません??

白くて澄んだ肌?シワの無い肌?
肌荒れが全くない肌?それともチカチカとネオンを付けた肌?(笑)

一口に「綺麗」と言ったって、
今あなたが思い描いているのと私が思い描いているのとでは異なるのではないかと思います。異なってしまうと、今回の記事のお話しが通じなくなってしまうおそれがあるので、ここでひとつ決めておきましょう!

ここでは、
“肌荒れや毛穴汚れが目立たず、シワなども年齢の割に少なめ”
という、ちょっと大まかな意味ということにしましょう。

そうなれば肌の手入れは非常に大変でしょうね。
肌荒れなんて季節の変わり目にはなりやすいし、加齢によってもなりやすい。それに、毛穴汚れは女性なら誰もが気にしている部分。シワも、加齢とともに増えるし、第一老化というのはなかなか防ぐのが難しいもの。

だから、肌が綺麗な女性というのは、きっとすごい労力を費やしているのです。そしてその分、ストレスがかかっているし、「綺麗であり続けたい」というプレッシャーものしかかって、プライドも持ち合わせていると考えるのが妥当だと私は思うのです。

普通そのようにストレスかかれば肌にも悪影響になると思いますが、
それらを乗り越える(肌に影響を出さない)だけの“強気”とか“コツ”のようなものも持っていなるだろうし、肌が綺麗であることは一種の才能とも言えるかもしれませんね。

肌が綺麗な女性と付き合うなら、それなりの覚悟が必要

男性にしろ女性にしろ、
肌が綺麗な女性と付き合うならそれなりの覚悟が必要でしょう。

男性にとって、肌の綺麗な女性は非常に魅力的に映るのだと思いますが、
仮にデートをするとすれば、些細なところまで気を遣って彼女の美意識に傷をつけないようにする必要があります。

食事の際も、肌に良いお店を選んだり、
肌を侵食するストレスから守るためにもリラックスできる空間を提供してあげないといけません。可愛さや美しさを褒めてあげる必要もあるでしょう。じゃなきゃ嫌われるかもしれませんよ!

女性の方が肌の綺麗な女性と友達になったのなら、
同じくその人の美意識を傷つけないように気をつけなければなりません

それよりも、嫉妬してしまうかもしれませんね。で、仲良くしているつもりでも、どこかで「コイツは肌が綺麗でズルい」とか思ったりしちゃって、やがて訳も分からずに「コイツなんかムカつく」ってなるんです。表面上は「綺麗だね♪」って笑顔で言っておきながら(笑)

そんな中でも強い、肌が綺麗な女性

肌が綺麗な女性は知っているはずなのです。まわりの女性から羨ましがられていることを。

そんな中でも怯まずに肌をキレイな状態に保つって、
やっぱりすごく精神力のいることだし、一種の才能のようなものが必要だと思います。

私なんかストレスを抱えると肌がちょっと荒れてしまうので、才能はもちろんないです。仮にストレスに苛まれているときですら肌が綺麗であり続けているのなら、それはそれで逆に申し訳ない気持ちになってしまって、わざとスキンケアをサボるような気もします(^^;)変な性格でスミマセン。

だから、肌が綺麗な女性はやっぱスゴいです。強いです。
とても真似できることではありません。いくらスキンケアの方法を聞き出してそれを実行しようとしても、ある種の才能が無ければ絶対に真似はできないと思います。・・・というか、真似をしようとする時点で、なんか違う方向に進んでいる気もします。

自分に見合ったスキンケアを追求して、気長にやろう!

とにかく、スキンケアは、
自分に合ったアイテムで、
自分に合った方法で、気長に無理なく続けていくことが大切でしょう。

肌が綺麗な人に憧れるのはなにも悪いことではありませんが、
真似をしようとせず、自分らしさが一番醸し出される素敵なスキンケアを探していきましょう♪

肌なんてね、多少汚かろうがシワがあろうがどうだっていいの、そんなこと。
大事なのは、自分に自信を持って常に笑っていることなの。

それこそ、人を惹き付ける本当の魅力になるのではないか?って思います。

まとめ

肌が綺麗な女性について、ちょっくら考えてみましたが、
もしかしたら反論とかしたい方もいらっしゃるかもしれません。

だから最後に免罪符のような事を書いておきましょう。

以上は私の偏見による文章ですので、ポップな感じで捉えてくだされば幸いです。
めちゃくちゃなことを書いているかもしれませんが、反論は受け付けませぬm(__)mご了承ください。

(生まれつき肌が強い人もいると思うので、
そういう人のことは今回は除外しております。)

というわけで、男性も女性も、
自分なりのスキンケアを目指して、オンリー1を目指していこうではありませんか(^^♪

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 顔・目尻のシワ ことはじめ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク