肌荒れがひどいときの原因と対策!大変だけど実行してみて!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

肌荒れがひどい

肌荒れがひどいと、とにかく焦ります。
メイクの乗りも悪くなるし、人目も気になってしまいます。

では、肌荒れがひどくなってしまった原因は何でしょうか?
また、どんな対策を講じれば良いのでしょうか?

・・・まずは冷静になって、今の肌荒れがどんなものなのかを知ることが大切です。

肌荒れがひどい、その原因

肌荒れがひどいのは、ずばり、肌荒れが生じた原因を解消することができなかったことが原因であるか、元々の原因があまりに大きかったことにあると思います。

まず、肌荒れが生じてしまう原因として考えられるものは、たとえば以下のとおりです。

  • * 日焼け
  • * 乾燥
  • * 敏感肌
  • * アレルギー(花粉、黄砂、食物、金属 等々)
  • * 虫刺され(毛虫の粉などもありうる)
  • * 心の不調
  • * 体の不調(皮膚病、内臓疾患など)

ひょっとしたらほかにもあるかもしれませんが、まあ多いのは上記でしょうか。

人それぞれで、どれが該当するかは違うはずです。
が、いずれにしても、そのどれかを解消せずにいたり、元々状態が深刻であったりすると、肌荒れもひどい状態となってしまいます。

不安なら皮膚科で診てもらうことが大切

皮膚科

自宅でのセルフスキンケアで対策することも大切ですが、それよりはまず、気になるなら皮膚科で診てもらうのが一番安心ではあると思います。

肌荒れの元々の原因はなかなか特定しづらいですが、何か心当たりがあるときも、皮膚科で診てもらいましょう。
特に内臓疾患などからくるものは、自力では治しづらいことがあります。

でも、女性に多いのは、気候の変化によって肌がゆらぐことで生じる肌荒れでしょうか。
また、冬なら乾燥肌で悩む人、夏なら日焼けで悩む人も多いものです。

そういうものは、日頃の自宅でやるスキンケアで対策を講じることも有用です。

以下では、主にセルフスキンケアケアという観点から、肌荒れ対策についてお伝えしますね♪

ひどい肌荒れに適した化粧品で対策する

スキンケア

まずは、日頃使っている化粧品を、今のひどい肌荒れに適した物に(一時的でも)替えてみても良いかと思います。

たとえば、DECENCIAというブランドの「アヤナス」という保湿化粧品は、敏感肌向け、かつ肌荒れ対策に非常にマッチした化粧品です。

肌のゆらぎをケアし、やさしく整えていくことができます。
とろみがありますが、使用感もなかなかライトな感じで使いやすいかと思います。

ぜひご覧になって検討してみると良いでしょう。

>> DECENCIA アヤナス

なお、(言うまでもないかもしれませんが)保湿ケアの前にやる洗顔は、もちろんやさしく!
肌荒れのひどさにもよりますが、お湯はぬるめにし、洗顔料もよ~く泡立てて使うことが必須条件ですね。

できれば、メイクはナシにする

可能であればですが、メイクはしないに越したことはありません。

メイクするときの負担や刺激は、毎日続くと少しずつ肌が弱り、ある日突然もろに何らかのダメージをくらって肌荒れがひどくなってしまうことがあります。

できる限りの範囲でノーメイクにしましょう。

でもきっとそういうわけにはいかない人も多いと思います。
でしたら、本当に軽いメイクにとどめておくと良いでしょう(クレンジングで落としやすいものを使うのもポイントですね)。

日焼け止め(の入った下地やBBクリーム)なども、できればナシにし、日傘などを積極的に使うようにしたほうが、肌にはやさしいですね。

日焼け対策には、敏感肌向けアイテムを

日焼け対策

「日傘をさす」というのが一番肌にやさしい日焼け対策ですが、どうしてもそうはいかない人も少なくないはずです。

本音をいえば できれば日焼け止めを塗らないでいただきたいのですが、紫外線を浴びたら浴びたで、ひどい肌荒れをさらにひどくしてしまう大きな原因になりえます。

そういう場合は、敏感肌向けのやさしい処方がされている日焼け止め・下地を使うと良いでしょう。
たとえば以下のようなものですが、いかがでしょうか。

>> HANAオーガニック

もう一度言うと、本当は、使わないでいいならそのほうが良いです。
以上は、「もし使うのであれば・・・」のお話です。

たんぱく質もしっかりとり、栄養バランスを整える

和食

たんぱく質が不足しがちだと、肌の状態が悪くなりやすくなります。
肌荒れ、ニキビだけでなく、シワやたるみも生じやすくなり、キメも粗くなりがち。

菜食主義の人だと、なかなか肉や魚を食べないかもしれませんが、手っ取り早くたんぱく質を得るには、やっぱり動物性のたんぱく質は強いです。
食べすぎもいけないのですが、ほど良く食べたほうが良いと思いますね。

あと、ビタミンやミネラルなどのバランスも大切です。

ざっくり言えば、食生活の改善を図ることも、立派なスキンケア。
ちょくちょく肌荒れが生じる人は、もしかしたら食事に偏りがあるかもしれません。

睡眠の質を高めて、身も心も健康にする

食事と同じく、ちょくちょく肌荒れが生じる人は、睡眠の質にも目を向ける必要があるでしょう。

睡眠の質が長らく悪いと、肌荒れはひどくなっていってしまいます。

睡眠の質は、体の健康を左右します
また、自律神経にも関係が深いですし、心の健康をも左右します

睡眠不足は、病気の罹患率を上げるだけでなく、ストレスを溜めやすい体になります。
ストレスが溜まると、コルチゾールという副腎皮質ホルモンがストレスに抗うことに伴い、肌荒れがひどくなってしまうことがあります。

悩み事があったり忙しかったりすると、なかなか睡眠はうまくとれないかもしれません。
睡眠時間を増やすというよりは、少しでもリラックスして入眠できる工夫を凝らしてみたいものですね。

ひどい肌荒れを放置するとどうなる?

今のひどい肌荒れをそのまま放置すると、運が良ければ改善していくのかもしれませんが、さらにひどくなると考えるのが自然かと思います。

・・・脅すような形になってしまってすみません。。。

放置はせず、きちんと対策を講じていきましょう!

まとめ

今回お伝えしたかったのは、

  • * 肌荒れがひどいなら、まず皮膚科で診てもらうのが安心
  • * 乾燥や敏感肌などが原因だと思われるなら、日頃のセルフケアで対策していくことが重要

ということです。

とはいえ、ここはインターネットの世界であり、私は画面の向こう側の方の肌荒れ状態が分かりませんし、医師でもないので診断することは不可能です。

セルフケアも大事は大事ですが、「医師のアドバイスを仰ぐ」というのが先決かと思います。
そこで「保湿ケアしていいよ」と言われたら、ぜひ前向きに保湿ケアしていくと良いでしょう。

まあ、安全志向でいくなら、そんな感じですね。
実際は、自己判断でスキンケアする人も多いですけどね!(^^;)

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク


※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 色々な状況や肌への影響など(雑多)   パーマリンク