冬は薄着のほうが肌が健康になる!?嘘だと思うのなら見よ!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

 

冬 薄着

冬は寒く、誰しもダルマさん。私も、寒い冬にはつい5枚6枚と重ね着をしてしまいます。

でも、そんな寒い冬こそ、薄着をしたほうが肌が丈夫に、そして健康になるというのはご存知でしたか?

「バカでしょ!風邪引くしッ」って思っていませんか?

まあ、そう思うのがフツーですよね。

では、なぜ冬の薄着が肌の健康に良いのか、ご説明していきますね。

キーは血行促進による代謝機能の向上

冬の薄着のお話をする前に、ここでひとつ大事なことがあります。

肌の健康や美容を保っていく上で欠かせないことのひとつとして、代謝機能の向上があります。一般に、新陳代謝って言ったりします。

新陳代謝がうまく行われると、肌の老廃物がきちんと排出され、完成した新しい細胞がしっかりと機能していき、潤いの保たれた肌の美しい状態が維持されます。

これを美容界ではターンオーバーといったりし、基本28日周期と言われています。

そこで、この代謝機能を促進するための一重要事して、血行促進があります。

血液というのは栄養や水分を運んでおり、血の流れが良くなるとこの運搬作業がスムーズに行われるようになりますので、代謝機能が向上します。

というわけで、まず話の導入はここまで。

冬は身体が冷えやすいが、わざと冷やすのもアリ

さて、ここからが本題です。

冬というのは寒く、非常に身体が冷えやすいですね。身体が冷えるということは、当然ながら血行が悪くなり、代謝機能も落ちがちになります。

そのため、冬になるとやけに太る人が続出するわけです。

その冷えを防ぐべく、きっと多くの方が厚着をすると思います。私もそうです。何枚も気重ね、その上にコートを羽織るので上半身がやけに重いんですよね。お陰で体はポカポカにはなりますが。

そのポカポカ状態こそが血液が巡っている証拠ですから、身体を冷やさないようにすることはとても大切なことなんです。

でもね、逆に薄着にして身体を冷やしてみる!といった試みも、功を奏したりするんです!

たしかに厚着によってポカポカにはなりますが、それって、自分の身体の力で暖かくなっているというよりは、衣類の力を借りて暖かくなっているんですよね。

ところが、薄着を施すことによって、自分の体が自発的に発熱し、暖かく(温かく)なることが望めるってわけです!

・・・あ、もしかして今疑ってませんか~??疑ってますよねー。

はい、これにはきちんと理由があるんですよ!

人間は恒温動物!その機能が錆びないようにすることが大事

恒温動物

人間は恒温動物です。つまり、体温を一定に保つことのできる動物なわけです。外気温が暑かろうが寒かろうが、あなたの体温はほぼ一定に保たれています。

なので、身体が冷えれば、脳が「いけない!体温が下がる!・・・フッ、ならば血行を促進して温めてやるぜ」という反応をし、体中のシステムをしっかり働かせて体温を上げるようにして勝手に調節するのです。身震いもそのひとつです。

この機能は、やはり使わないことには錆びついていきます

例えば、寒いからといってず~と暖房の部屋にいれば、身体はその空気に甘えてしまい、自力で体温調節をすることを忘れていきます。常に25度の部屋にいれば、身体は何も苦労することがありません。

もし寒い所にいたら、身体は一生懸命に働くのです。逆境に耐えて努力した人は成長していくかのごとく、あなたの身体の脳や神経も同じなのです。

肌への効果

厚着をして体温を高めてあげるのも代謝の向上につながりますが、やはり、薄着による身体の自発的な発熱による体温上昇こそ、本当の意味での代謝の促進になります。だって、身体が自分の力で頑張っているんですから。

こうなると、あなたの身体は環境の変化に強くなり、健康体を維持しやすくなります

もちろんながら、肌の健康状態も良くなり、美容の面でもプラスになることでしょう。

肌の機能がしっかりと働き、ターンオーバーのシステム、そしてバリア機能の性能維持にも効果が現れるのではないかと私は考えます。

自然の世界に身を委ね、強くしていくわけです。ある意味ワイルドですよね!(笑)

薄着の際の注意点

多くの保育園や小学校で薄着の教育が進められているほど、薄着はメジャーなもの。

しかし、注意しないといけないことがあります。

それは、身体を冷やしすぎてしまわないようにしましょう、ということ。

誰しも限度というものがあり、ハメを外してまでして身体を冷やしてしまうと、身体の保温機能が冷えに追いつかず、免疫機能も低下してしまったりします。

それによって風邪を引いたり、インフルエンザやノロなどのウイルスに感染するリスクも高まります。

よって、薄着をする習慣のない人が、いきなり薄着をして外で遊ぶのは好ましいとはいえません

ただ、将来的には寒さに強い状態にすべく、徐々に薄着に挑戦していくと良いでしょう。生地をちょっとだけ薄めにしたり、防寒具をちょっとレベルダウンさせるところから始めていけば、きっと慣れていけると思います。

せっかくの強い体をつくるのに、逆に弱ってしまっては本末転倒ですので、このことを忘れないようにしましょう。

そして身体をポカポカにすることに意を注ごう

薄着になっても、じっとしているだけでは風邪を引きやすくなります。

薄着になったら、とにかく体を動かして温めてあげましょう。寒いときこそ元気いっぱいに!

これも、血行促進を加速させ、身体自らのパワーで体温上げて代謝を向上させるわけですから、強い体になっていきます。

また、身体をポカポカにしてくれる食べ物や飲み物を摂取することも、冬には心地が良いものです♪

特に生姜は、血行促進のパワーを秘めていて、芯からポカポカになります。冷え性や便秘にもよく効くので、積極的に生姜を料理に使ったり、また飲み物として飲んでみても良いでしょう。

 >> 芯からポカポカになりたい方はこちらをご覧ください

あと、睡眠時はなるべく暖かくしてくださいね。眠っている最中は体が冷えやすくなっているので。

まとめ

今回は、冬に薄着をすると肌が健康になるよ~という話でしたが、肌のみならず、体全体も健康になるわけです。

薄着に慣れていない方にとっては「まじで??」っていう話かもしれませんが、薄着を推奨する学校も多いことから、やはり強い体に持っていくことができるということなんだと思わずにはいられません。

ぜひ、寒い日には、「ウッ寒ッ」と感じるくらいの着装でお出かけください(^_-)-☆

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 冷え(万病の元)との付き合い方   タグ: ,   この投稿のパーマリンク