冬はなぜ空気も肌も乾燥するの?

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

冬はなぜ乾燥

ごくごく素朴な疑問、冬はなぜ乾燥するのか。

そう思った経験はないですか?乾燥注意報が出るのも冬、肌がカサカサになるのも冬。
とにかく冬は空気も肌も乾燥が激しいです。

寒いと乾燥するのでしょうか?それとも、気温はあまり関係ないのでしょうか?
じゃあなんで寒い冬だけが乾燥するのでしょうか?

乾燥は、肌にとっては大敵です。また、走ったりすると口腔内が乾きやすくなります。
火事が頻発するのも冬。火を多く使うし、カラッとしていて燃えやすいからです。

ではここから本題に入っていきましょう!

冬=乾燥というのは太平洋側だけ!?それはなぜ?

冬=乾燥というイメージが強いですが、それはあくまで“乾燥しやすい地域”でのお話です。
つまり、“乾燥しにくい地域”もあるということです。

日本列島をイメージしてみましょう。

日本列島夏は、気団(高気圧)が、太平洋のほうからやってきます。
大量の水分を含んでいるため、日本中にたくさんの雨を降らせます。

梅雨の時期には、停滞前線(梅雨前線)といって、
冷たい空気と暖かい空気が日本上空でぶつかり続けて、その影響で雨が降り続きます。

雨がたくさん降ればその水分が蒸発したりして空気中の水分量も増え、これが高湿度(ジメジメ)を招きます。

逆に冬の場合は、
気団(高気圧)が北のシベリアのほうからやってきます。

日本まで来るあいだに日本海を通りますが、
気団はそこで多くの水分を吸収します。

すると、日本に着いた頃には日本海側に大量の雪を降らせます。

が、空気が日本の山々を超えて太平洋側に移っていく段階で、水分はほとんど無くなってしまいます
だから、太平洋側には乾いた風ばかりが吹きます。

よって、低湿度(乾燥)となるのです。

つまり、冬=乾燥というのは、主に太平洋側の人たちの持つ概念と言えます。日本海側は湿っているのです。

ただ、暖房機器の影響で部屋が乾燥することは、どの地域でもあるでしょう。
室温が上昇すると、飽和水蒸気量との関係上 空気中の水分が多くなるのです。まあ、ここでは難しい話は置いておきますね。

・・・以上、いかがでしたか?
冬の空気が乾燥するのはなぜ?の疑問が解けたかと思います。

専門的な入り組んだお話は、また別途専門家のほうにでも訊いていただけたらと思います。

空気が乾燥すれば体から水分が逃げる

空気が乾燥すると、皮膚から水分が逃げていきます。
暖房機器による空気乾燥や、特に太平洋側の冬の空気乾燥は注意が必要です。

空気中の水分が減って湿度が下がるにつれ、皮膚から水分を供給するかのような摂理になっているのです。

肌がカサカサになったりかゆくなったり、ヒリヒリしたりひび割れを起こしたり・・・。
冬はしっかりと保湿を心がけたほうが良いですね。歳をとっている人ほど、乾燥こそ老化を進行させますから要注意です。

また、皮膚から水分が逃げるというのは、体から水分が逃げることを意味しています。

案外、冬にも脱水症状に陥ることがあるというわけです。

冬だからといって、あまり水分を摂らないという人はけっこういます。でも、水分は小まめに摂るようにしたほうが身のためです。

冬は体を動かしづらい時期でもあるため、血行も悪くなってドロドロになりやすいです。きちんと水分を摂って、少しでも血行を良くしてあげたいところです。

そうすれば、血管の病気や新陳代謝の悪化を抑制できます。老化も遠ざけることができますので美容にも良いでしょう。

ちなみに、冬はノドも乾燥しやすいですよね。ノドばかりでなく呼吸器自体が乾いてしまいます。
すると、ウイルスなどが付着しやすくなるので、外から帰ったらうがいを忘れずに!

気温が下がると体の機能が低下する

冬は気温の低下も体調を悪くする要因です。

肌の潤いは、皮膚表面の皮脂や水分によって保たれています。でも気温が低くなると、皮脂や水分の分泌量が減少し、乾燥肌になってしまいます

また、先ほどの血行の話と併せて知っておいていただきたいですが、
寒くなれば血行も悪くなるので、体のあらゆるところが不調に陥りやすくなります。

肌はもちろん、胃腸の調子もすこぶる悪くなったりします。特に腸は第2の脳とも言われているほど大切な働きを担っています。ここが悪くなると、体にも心にも異変を来します。

耐寒訓練などの特別な目的が無い限り、冬はなるべく暖かくしてお過ごしください

冬の生活を楽しくするために

寒い寒い冬は、健康にうんと気を遣う時期でもあります。

そこで、そんな季節の生活をなるべく楽しくするための記事をご紹介します!
「読んだらすぐ楽しい」というより、「これから楽しくなるだろうな」と思える(?)、そんな記事です。

 >> 生姜の力で汗を流してみたい方はコチラ

 >> 生姜紅茶でホッとしたい方はコチラ

 >> ココアで咳を和らげてホッコリしたい方はコチラ

 >> 加湿器を使わずに乾燥を防ぎたい方はコチラ

生姜は血行促進や代謝UPに良いし、ココアも乾燥咳などの緩和に良いです。もちろん肌にも効果的。
加湿器も、あるに越したことはないですが、無くなって創意工夫で部屋を潤すことが可能!

ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

まとめ

今回は「なぜ冬は乾燥するのか」というテーマでお話を進めてまいりました。いかがでしたか?

日本海側の方々にとって雪が当たり前であるのと同じように、太平洋側の乾燥は正直仕方がないことです。

女性やエイジング世代にとっては冬は地獄かもしれませんが、自然の摂理なので目を瞑ってあげてください。

乾燥と寒さから身を守るのは大変ですが、楽しいことを考えながら創意工夫して過ごしていきましょう!!

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: その他   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク