老けやすい職業7選!独断と偏見で絞ってみました

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 2 分 くらいで読めます】

老けやすい職業

老けやすい職業とは、つまり外的な要因や心身のストレスによってシワが増えたり、顔が疲れてしまうような職業のことをいいます。

しかし、現代は極度のストレス社会と言われており、どの職業をとってみても楽なものはありません。

そのため、「老けやすい職業」と一口に言ったところで絞ることのほうが難しいというのが正直なところです。

そこでこの記事では、難しいことを考えず、とにかく私自身の独断と偏見で、7つの老けやすい身近な職業を選んでみました

もちろん、老ける老けないは個人レベルで大きく差が開くかと思いますが、ここではかなり大雑把に捉えます。

どうぞリラックスした気持ちでお読みくださいませ。

それではまいりましょう!

老けやすい職業7選!!


* 教師

教師

そもそも、私の中のイメージでは、教師は基本的に老けているイメージがあります。

特に公立では営利主義といった概念とは離れているためか、人に見られるという意識が薄らいでいるような先生が多い印象もあります。社会的にも閉鎖的な気がします。

すると、肌ケアや、人から顔・表情を評価されるといった点に意識を注ぐことも怠りがちになってしまいます。

それに、様々な教育問題と付き合うのも非常に骨が折れることだろうし、ストレスも半端ないと思います。心の疲れは身体・肌の疲れです。

さらに体育教師となれば、薄着かつ紫外線に侵される時間も長くなりますので、肌にも大きく負担がかかるでしょう。日焼け止めも強めのを多く塗る機会が増え、その成分が肌に負担をかけてしまうことも考えられます。

ただ、体を頻繁に動かすという点は、老化防止にはプラスに働くでしょう。

 
* 塾講師

塾講師

私がかつて学習塾に通っていたとき、20代の先生ですら30代、いや40代に見えたことが何度もありました。そんな先生が多かったですね。

また、辞表を出す人も多いとの噂があり、特に女性は結婚を機に辞める(逃げる)ことも多いようです。

その原因は、やはり多忙と過労でしょう。
受験の時期には、先生たちは早朝から夜中まで頑張っていました。本当お疲れ様ですって感じでした。

ある先生は、

「オレな、夜中徹夜でプリント作っていたらよォ、知らん間に朝日が昇ってきやがって切なくなったんだわ。でな、またすぐに出勤しないといけなかったから十分に寝てなくて、もうヘトヘトッスわ」

と生徒の前で堂々と言っていたことがあり、今でも覚えています。きっともう限界に近かったんでしょうね。

過労は体調を崩しますし、昼夜逆転生活は自律神経をも狂わします。肌も無関係ではありません。これでは老けてしまいます。

 
* 農家

農家

私の住む地域は畑が多く、農家のおじさんがいつも汗水垂らして頑張っています。

しかし、どうもシワの多い人が多いという印象です。失礼ですが、40歳でも60歳くらいに見えたり・・・。格好の問題もあるとは思いますが。

専業農家は植木や野菜を育て、それを出荷することで生活費を得ています。基本的に束縛される身ではないので自由ですが、仕事をサボれば直接生活に影響が及びます。

そのため、毎日朝から晩まで日光(紫外線)にさらされつつ体を張って、命がけで植物と向き合っています。

これは老化防止のことを考えたら当然マイナスです。

けれども(いや、だからこそ?)本当尊敬に値します。肌の悩みなんてちっぽけなものに思えてきますね。

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: その他   タグ:   この投稿のパーマリンク