ファミレスで低カロリーメニューは無意味?その3つの理由とは?

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

ファミレス 低カロリーメニュー

外食の代表的存在であるファミリーレストラン!色とりどりのメニューがあり、どれにしようかと迷わずにはいられませんよね。洋食から和食まで、美味しそうな料理がたくさんあります。

最近は低カロリーメニューも豊富になってきているので、ダイエットを目指している人にとっても嬉しいですよね♪

私もたま~に友達とファミレスに行っていつまでもベラベラベラベラとおしゃべりをしていますが、長時間いると新たに料理を追加したくなったりしてしまうくらい、魅力的なメニューも増えたものです。

しかし!外食って身体に悪いという話は随分前から言われてきました。健康志向で低カロリーメニューもあるけど、実はそれもほぼ無意味のように思います。

「ダイエットに効くんだからいいんじゃないの?」と思いますよね普通。でも、それが健康や美容に良いのか?と聞かれたら、私は肯定できません。むしろ、「ダイエットにも向かないんじゃないの?」と、口を酸っぱくして言い放つと思います。

相手が反論しようが泣こうがわめこうが、私はクギをグイグイと差し込んでいきますよ!

では、なぜ低カロリーでも無意味なのか、その3つの理由を挙げ、低カロリーの短所や肌への影響もお伝えします。

1、そもそも料理自体疑わしいから

こんなことを言っては外食産業の方々に叱られてしまうかもしれませんが、あくまで私のイメージをお話しします。

外食、というより、比較的安価なサービスを提供しているファミレスの料理って、どうも怪しいのです。私もたまに利用しているので大きな声では言えませんが、料理に何が使われているのか、素材は良好なのか、添加物はどうなのか、油はキレイなのか、と疑ってしまいます。

「じゃあ行くなよ!!」というツッコミはどうぞ遠慮なくしていただいてかまいませんが(笑)、・・・どうですか?そういうこと考えたことはありますか?

だから、高カロリーメニューであれ低カロリーメニューであれ、身体に悪影響のあるものを使っていては元も子もないのです。古い油なんて胃腸に悪く、毒素が発生します。万病のもとです。

内臓が弱ったりすれば、血液循環の悪化、体内の各種ホルモンや物質のアンバランスなどが生じ、肌にも当然悪影響。乾燥肌やシワ、たるみ、しみ、ハリやツヤの無さを引き起こすでしょう。

2、低カロリーが良いという概念が危ないから

何か意図や根拠があって低カロリーメニューを選んでいる場合は大丈夫なのですが、ただ闇雲に「痩せたいから」といった意識では、逆に危険であると私は考えます。

というのも、確たる理由がないということは、計画性のないダイエットを求めているということです。低カロリーならなんでも良いといった誤った認識を持っているということになるので、そんな状態で低カロリーメニューを注文したら、そこで自己満足に陥り、さらには変な安心感を覚えて癖にすらなります

本人は無意識なのかもしれませんが、やめたほうがいいです。低カロリー生活を続けてしまう羽目になりますよ。

するとどうなるか?当然、身体、そして心の面でも症状が現れます。

脈拍数が減少し、体温も下がり気味になります。すると新陳代謝もうまくいかなくなり、肌をはじめ、あらゆる細胞の再生が不良状態に陥ります。
低カロリー生活が長期にわたれば、内臓や脳にも弊害がおよび、あらゆる病気や鬱っぽい症状が現れたりもします。

正直言って、これは怖いです。こんな重度な状態の頃には、肌なんてとっくに元気がなく、確実に年齢よりも+いくつかの顔に見えるでしょう。

だから、低カロリー選びは危ないのです。

別に、そういったメニューを選ぶこと自体間違いではないですが、癖にするとマズイです。ただ、ファミレスの料理は、上の1に書いたように疑わしいこともあるので、低カロリーにしたからといって安心はできないと思います。

元々カロリーを気にするなら、やはりファミレスには行ってはなりません(営業妨害のつもりではないので誤解なきよう・・・汗)。

3、カロリー表示に信ぴょう性があるとは言い難いから

またもやファミレスに対して失敬なことを書いてしまいますが、メニューに書いてあるカロリー表示には信ぴょう性があるとは私は考えておりません。

もちろん参考にはなりますが、あくまで参考の参考。

とは言っても、コレ、当たり前だと思うのですよ。例えば「ネギトロ丼」を2つ頼むとしましょう。そのとき、どちらも同じように見えても、完全に同じではないはずです。当然のごとく、実際のカロリー数値は違うはずです。誤差範囲ではあると思いますが。

以前(2005年くらいだったかな)、ある企業がカロリーを過小表示していたことで問題になりました。それ以来、あらゆる企業で数値を大きめに表示するようにしたようです。数値より低カロリーの場合に怒る人は滅多にいないですからね(笑)

現在、消費者庁は1000kcalあたり±200kcalの誤差まで認めているようです。意外に大きい・・・!

ところが「じゃあ、実際は表示より少なければ良いのだ♪」といって安心することもできなくて、見習いのアルバイト店員や研修生の失敗作だったらどうしますか?まあ、そんなことはあってはならないですが、裏の事情なんて分かりません。料理が美しく見えるよう、実は油がふんだんに塗ってある・・・ということも無きにしも非ずです。

まあ、あくまで、食べ物屋さんで働いている友人から聞いた話を思い返しながら推論を述べたまでですので、信じるか信じないかはあなた次第です!そして、くどいようですが、決して営業妨害のつもりではないので、ご理解くださいませ。

まとめ

ファミレスの高カロリーメニューは言語道断、そして低カロリーメニューを選んだって、あまり意味を成しません。もちろん幾分マシであるとは思うし、きちんとした理由のもとで注文するならそれはそれで良いのかと思いますが、ファミレスってそんな高い意識で行くようなところではありませんよね。

まあ、付き合いや利便性を考えたときに行かざるを得なくなった場合は仕方がないですが、
カロリーを気にしながら注文するくらいなら行かないほうがマシかと思います。どうせ無意味かもしれませんよ?断言はしませんけれども。

あと、やはり胃に優しいものを積極的に食べるという考えは、カロリーの高低にかかわらず大切なので、おさえておくといいですね♪

 参考記事 ⇒ 胃に良い食べ物は、まず肌の美容にも良いのです

肌の健康・美容のためには、お家できちんと料理した、愛のこもった手料理を食べてはいかがですか?(*^^*)愛って誰かの愛のことではなくて、もちろんあなた自身の愛のことですよ。

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 飲食その他   タグ: ,   この投稿のパーマリンク