ドライヤーで乾燥肌や肌荒れに!?使い方に注意しましょう

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

ドライヤー

普段、髪を洗った後に何気なく使っているドライヤー。

髪の毛の効率の良い乾かし方を気にする人は非常に多いものの、顔に対する配慮を怠っている人も多いでしょう。この記事にいらっしゃったあなたは幸運です!

ぜひここで、ドライヤーの注意点を知り、正しい使い方で、乾燥肌や肌荒れを招かないようにしてみましょう!

ドライヤーで乾燥肌や肌荒れを招く原因とは

ちょっと考えればきっと分かることであろうと思います。

ドライヤーで髪を乾かすときはホットな風が出ますが、それが顔に吹きかかることで肌が乾燥してしまうのです。さらにはホットであるということも相まって、風が近くで当たり続ければ肌には負担がかかります。

元々乾燥肌である人はなおさらバツが悪く、肌荒れを悪化させることになるでしょう。そうなれば老化への道は一直線です。

ただ、ドライヤーの使い方をちょっと工夫するだけで、このような事態は遠ざけることができます。“ドライヤーの”というよりはその前後の行いも含んでの正しいやり方をお伝えしますので、ぜひ参考になさってみてください。

なお、「ドライヤーを使わなければ良い!」というのはNGです!濡れた髪の毛は乾かす必要があるからです。まあ、ここでは髪の毛のお話は補足程度にし、主に顔対策についてお話を進めてまいります。が、両立はできるようにしますのでご安心ください。

ドライヤーの使い方を考えよう

まずは単純に、ドライヤーそのもののかけ方について考えてみましょう。

当然、髪の毛が傷まないように離し気味にして風を当てるわけですが、顔への負担を考えた場合も同様です。

熱さを感じない程度に離して、なるべく顔に風が当たらないように角度を調整します。髪は手でかき上げて根元を乾かすのが正しい方法なわけですが、根元を狙うとどうしてもドライヤーを頭や顔に近づけてしまいます。そのため、十分に留意しましょう。

また、一点に集中すれば髪に火傷を引き起こすのと同じように、顔も同じです。まあ「熱!」という感覚があるからそこまでは心配する必要は無いかもしれませんが、手を揺るがしながら風を当てることを意識してみましょう。

以上がドライヤーそのものの使い方になります。

間違っても、

ドライヤーを顔に当てる

このようなマネはしないでください!

そしてまた、

正しく使えって!

こういう行儀の悪い使い方や、

間違った使い方

このような新手の体操もしないように!(笑)

まあ、今のは冗談ですが・・・!
・・・やはりドライヤーをかけるときは、他の作業をしながらというのは避け、かけることだけに集中したほうが良いです。

冷風にも注意しましょう!

それから、髪が乾いた後は冷風で髪のキューティクルを引き締めることがオススメされていますが、いくら冷風だからといっても顔に当てれば、それはそれで乾燥を招いてしまうおそれがあります。

水滴がタイルの上についていたとして、そこに風をバーッと当て続ければ、やがてその水滴は蒸発して消えていきます。そのことを鑑みると、肌に含まれている水分が逃げて行ってしまってもおかしくありません。現に扇風機の当たり過ぎで脱水症状に陥るといった事例もあるほどです。

冷風だからとて侮るなかれ。顔に当たらないように工夫して使ってみましょう!

風呂から出てドライヤータイムまでにすべきこと

ここが肝心です!

まず風呂から出たら、体を拭き、髪の水分もよ~くタオルで吸い取り(←これ大事!ゴシゴシNG!省くもNG)、そして次にパジャマなどの服を着ると思います。

では、次にすべきことは何だと思いますか?・・はい君!

「次は・・・ドライヤーをかけるんじゃないですか・・・?」

ブッブー!!・・・では君は?

「風で肌が乾かないようにあらかじめ保湿をする・・・?」

ピンポーン!♪ そのとおりです。

あらかじめ化粧水などで保湿をして肌を十分に潤わせておくと、ドライヤーの風が当たったとしても、その影響は最小限に食い止められます。また、元々肌の乾燥が気になる方は特に、乳液などを塗って肌バリアを作っておくとなお安心です。

潤い、バリア、コラーゲンによる肌の育成などのすべてをまとめたオールインワンのケア用品に、新日本製薬の「パーフェクトワン」というものがありますが、特に乾燥肌や老化を気にしている方、そして忙しい方にうってつけです。

 ⇒ パーフェクトワンについて

ドライヤーを使う前に保湿やバリアをする理由はもうひとつあります。

それは、風呂から出たときというのは、毛穴がまだ開いている状態であるからです。この状態だと、化粧水などの浸透がスムーズに行きますね。そのため、風呂から出てすぐにケアし、ドライヤータイムへと突入されると良いでしょう。

そして、ドライの際は、先に書いたように顔に風を当てないようにして意識してかけてみてくださいね。

まとめ

以上、乾燥肌や肌荒れの防止を図る上でのドライヤーの正しい使い方についてのお話でした。

風が顔に当たらないように離し、角度にも気を付けて!」とは言っても、当然ながら完璧にこなすことは至難の業です。そのため、ある程度の諦めも肝心かもしれません。

「何を今さら」という感じかもしれませんが、意識するのとしないのとでは違うということはハッキリと申し上げたいと思います!なので意識してネ♪
“風ニモマケズ”な肌を整えるべく、そして風呂から出てすぐの潤わせもしっかりやりましょう♪

では、有意義なドライヤータイムを!

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 色々な状況や肌への影響など(雑多)   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク