電車などの寒い冷房への対策!健康と美容のために

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

寒い冷房の電車

溶けて蒸発しそうな暑い日だというのに、全然冷房が効いていないときがあれば、逆に、今日は割と暑くなくて快適な日だな~と思っていても、電車の中が異様に寒いときもあります。

また、外気温に関係なく暑かったり寒かったり。乗り換え前と後の電車で温度差が激しく、「これ一体何度違うの!?」と感じた人もいるでしょう。

きっと敏感な人は、その影響が体調に表れると思います。私もいきなりクシャミが止まらなくなってハナタレになったことがあります。つまりこれは、冷房病というやつですね。

 関連記事:「冷房病の症状と対策!体調と肌を守るために

激しい温度差は、体調のみならず、肌の健康や美容にまで影響します。上のリンク先の記事の最後では、

「極力冷房に頼らない生活を送りましょう。」

と書いたものの、電車やバスなどの公共交通機関ではどうしようもないです。だからと言って「じゃあ明日から車で行きまーすor自転車で行きまーすor歩いて行くぜー」と簡単にはくはずもありません。

ここでは、公共交通機関での冷房対策を考え、肌の美容への影響を極力おさえることを意識していきましょう。

弱冷房車に乗れば、まずは一安心

ご存知の方も多いと思いますが、電車は、会社や車両によって「弱冷房車」たるものが存在します。つまりは、他の車両よりも温度が若干高めに設定されている車両です。車体の側面に、たいていは弱冷房車と分かるようにステッカーなどが貼ってあったりします。

この車両に乗れば、たいていは寒くないです。むしろ暑いというときもあります。ただ、人によってはこれでも寒いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、総合的な判断をすれば、弱冷房車は冷え対策にはもってこいです。

けれども、車両自体が少なく、私の地域では、8両あってもそのうちの1両しか弱冷房になっていなかったりします。通勤時間帯だと、皆さんけっこう利便性を優先して乗る車両を決めていらっしゃると思いますが、その利便性と弱冷房車の位置が合致しないことも多いので、もっと増やしてくれたら嬉しいですね。

あ、あまりにギュ~ギュ~の寿司詰め状態だったら、人の熱気により、暑いとか寒いとかという問題でなくなることもあるかもしれませんけども(笑)

肌の露出を減らすようにしよう

色々な都合で弱冷房車に乗れるとも限らないので、少し面倒ではあろう対策を講じてみましょう。

肌の露出部分を減らすようにするのです。

特に、首回りをあたためるのは非常に効果的です。冬のマフラーをイメージしていただくと明白ですね。夏にはストールを巻くと良いでしょう。もし仮に途中で暑くなってきても、ストールだったらすぐに取り除くことができるので便利です。

あとは腰です。女性にとって、腰は非常に大切な部分です。そこを冷やすということはあまり良くないので、少し暑いくらいにしておいたほうが良いでしょう。夏なら薄い腰巻のようなものが良いと思います。また、腹巻にも使えるものがあれば、お腹の冷え対策にもなるのでなおさらオススメです。

また、電車で座ったときに、ひざ掛けもあると脚が冷えませんので、用意しておくといいでしょう。

ほかには、靴下を長いものにしてみたり、カイロを持参するなり、いろいろ試行錯誤してみてもいいですね。

冷えない体質を作り上げることも大切

上記の対策は、あくまでしのぎ的要素の強いものでした。正直面倒。ということで、少しでも冷えない身体をつくっていくために、自分自身の体質を向上させることに目を向けてみましょう。

生活習慣を整え、運動をして代謝を上げます。健康的な体づくりこそ、冷えにくい体質をつくることにほかなりません。もちろん、一朝一夕でどうにかなる問題ではないので、常日頃からの向上心が大切になってきます。

そして、電車の中でもやれる、即席的な体温向上エクササイズがあります。

電車でできる、体温向上のためのエクササイズ

すぐにでもお試しください。オススメです!

一つ目!かかとの上げ下げ
スペースに余裕があるときにやりましょう。「何やってんだコイツ」と思われても気にしないことです!誰かの足を踏まないようにだけご注意くださいね。

二つ目!苦しい呼吸法
深呼吸とか生易しいものではなく、息が無くなるまで、いや、無くなってもまだ吐き続けるのです。死ぬ気でやりましょう。身体の中からボカボカになりますから、冬でも効果的です!吐くときにはsの音でスーーーーッとやるのが最適ですが、車内だと迷惑になるため、口を軽く開けてふーーーーっという感じでイイでしょう。人の顔に息がかからないようにだけ注意してくださいね。

三つ目!カバンを手に持つ。男性の方は、床や網棚の上にカバンを置くことが多いと思いますが、なるべく片手で持つようにしましょう。ツラくなってきたら反対側の手に持ちかえます。これも迷惑にならないようにやりましょう。ただ、身体が凝ってくると思うので、後で縮んだ関節を伸ばすことも意識してみてください。

以上、電車でできるエクササイズでした。どれも公共の場でやることなので堂々とはできませんが、やれる範囲でやってみると、身体は温かくなりますよ♪

電車で乾燥肌に!?スキンケアも手を抜かないようにしよう

寒い電車の中では、空気も乾燥しています。そのため、乗る前までに必ず保湿のスキンケアを忘れないようにしましょう。保湿は夏だとどうしても気が緩みますが、年中大切なスキンケアです。

とは言っても、冬とか春のようにバリバリのスキンケアをやるのも億劫ですよね。外は暑くて汗が出るし・・・。なので、なるべく手軽にケアできるアイテムがあると良いですね♪

おすすめなのは、ニッピコラーゲンのスキンケアクリーム「ナノアルファ」です。高度な保湿力と、透明感のあるジェルのようなクリームが特徴的です。シットリ感がありますが、とても使いやすいですよ。

スキンケアクリーム「ナノアルファ」公式通販サイトはこちら
スキンケアクリーム

まとめ

電車利用者にとって冷房は避けられないですが、ちょっとした意識でだいぶ寒さや肌の乾燥をしのぐことができます。

電車に焦点を当てて説明してまいりましたが、他の場所でも応用は利くと思うので、冷房が効きすぎていないことを祈りつつ、ぜひ試してみてくださいね♪

 

 

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: シーン・状況別の肌対策   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク