電車内での化粧が良いか悪いか、結論は出ない!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 5 分 くらいで読めます】

電車内化粧

スキンケアブログを書いている立場として、このテーマに触れておこうと思います。
そう、電車内での化粧についてです。

電車内での化粧は、非常に多くの人に忌み嫌われています。
もちろん「良いんじゃないの?」という人もいますが、現状としては圧倒的少数。

でも、なぜ電車の中で化粧をすることがいけないのでしょうか?

電車内での化粧がいけないその理由

ほとんどが主観的(感情的)な理由であるため、コレといって納得させてくれる理由はありません。
例を挙げると、以下のとおりです。

  • * うっとうしいから
  • * 見たくないから
  • * しないのが常識だから
  • * なんだか哀れだから
  • * 恥ずかしいから
  • * とにかく腹が立つから
  • * ブスはブスのままだから

などなど、このように感情的な理由がほとんどです。
たしかに、電車内化粧は人に不快感を与えていることが多いでしょう。

でも、電車内で化粧したっていいじゃんって思っている人にとっては、
上記のような理由では全くもって納得できるはずがないんです。
だって、それぞれの理由に対して次のように思ってしまうからです。

  • * うっとうしいから 
     ⇒ なんで?迷惑かかってないじゃん
  • * 見たくないから
     ⇒ なんで?意味不明
  • * しないのが常識だから
     ⇒ そんなん誰が決めたの?常識を覆してはダメなの?
  • * なんだか哀れだから
     ⇒ そうなんだー(棒読み)
  • * 恥ずかしいから
     ⇒ 知ったこっちゃない
  • * とにかく腹が立つから
     ⇒ なんで?意味不明
  • * ブスはブスのままだから
     ⇒ それは一理あ・・・・・ないわーッ!!

「電車内化粧はダメ!」って思っていらっしゃる方は今、
きっとイライラしてきているところかと思いますが、
よ~く考えてみると、本当、納得できる理由というものが無いんです。

一方で、次のような理由の場合は比較的頷けます。

  • * 粉が飛ぶから
  • * 肘が当たるから
  • * ガチャガチャうるさいから
  • * ニオイが気になるから

先ほどの主観的な理由とは違って、これらは直接的な迷惑がかかっています。
これらの理由だと、なんだか納得できますね♪

でも、これでも反論する人は反論します

  • * 粉が飛ぶから
     ⇒ 飛ばないようにやればいいんでしょ?
  • * 肘が当たるから
     ⇒ 肘が当たらないようにやればいいんでしょ?
  • * ガチャガチャうるさいから
     ⇒ 音を立てずにやればいいんでしょ?
  • * ニオイが気になるから
     ⇒ 無臭のを使えばいいんでしょ?というか、あなたのタバコ臭や体臭はいいの?

という具合です。
つまり、「ああ言えばこう言う」というのが成り立ってしまうのです。
それでは、議論はいつまで経っても結果に辿り着くことはありません。

理論的かつ一般的な理由が必要になってくる

電車内化粧をダメとするなら、
そのための理論的かつ一般的な理由が必要になってくるでしょう。

まあ、ルールとか法律ではなくてマナーの問題なので、
きっちりとした理由なんて本来は必要ではないと思います(だってマナーはある程度人の感情に基づいているから)。

でも、もし本気で電車内化粧を完全否定するなら、
きっちりとした理由を掲げ、それが世間に広く理解されない限り、
電車内化粧をする人は絶えないし、賛否の決着もつかないと私は考えます。

電車内化粧をOKとする人の意見とは

電車内の化粧をOKとしている人や、
OKだけど自分はしないよ~っていう人の意見って、一体何でしょう?

私は、OKだけどしない派ですが、
なぜOKかというと、

  • * 別に迷惑を被るわけではないから
  • * ニオイとかも全く気にならないから
  • * 一景色だと思っているから
  • * ベラベラ喋っている人もいれば眠っている人もいる。
      人の顔をジロジロ見ている人もいれば化粧している人もいる
      ・・・世の中そんなもんだ!と思っているから

という感じです。
そう、誰かにとってはマナー違反な行為に見えるかもしれませんが、
私自身は、特に気にならないわけです。

むしろ、電車内に蒸したての餃子とか生ネギとか持ち込んで来たり、
ニオイやすいお菓子とかジュースを飲食している人のほうが気になります。
それこそマナーが・・・!と言いたいですが、これも人によってはOKなはずなので、電車内化粧と同じく賛否の決着は付かないでしょう。

一番怖いのが、面白がる人

また、電車内化粧をしている人をみて面白がる人もいます。
批判する人よりももっと怖い存在かもしれませんね。
面白がる・・・というのは、きっとどこかで“馬鹿にしている”心理が働いているはずですから(^^;)

私は人が電車内化粧をしているのを見て、
特に面白いな~と思ったことはないですが、
面白がっている人は、きっと以下のような楽しみ方をしていると思います。

  • * ビフォー/アフターを見るのが楽しい!
  • * 電車の揺れなどで失敗するのが笑える!
  • * 一生懸命なのが面白おかしい!
  • * 変顔になるのがおかしすぎる!

ほかにもまだまだあるかもしれませんが、
ざっと上記のような感じなのではないか?と思います。

ほんと、なんだか皮肉めいていて怖いですね(^^;)
その人の人格のほうを疑ってしまいたくなるくらいです。私の苦手なタイプです(笑)

思わず唸りそうになる意見

電車内化粧を嫌っている人の中には、
思わず「ん~そうかもな~」と唸ってしまうような意見を述べる人もいます。
よくよく考えてみると、ちょっとおかしい・・・というか大袈裟な意見です。

  • * 寝間着から普段着に着替えるようなもの
  • * 男性が電車内髭剃をするのと同等
  • * 男性がヌード系のメディアを堂々と見ているようなもの

といった感じの意見です。
最初は「そうやな~」みたいな感じで捉えがちですが、ちょっと深呼吸すると、
「いや、極論でしょうよ!それ」と思えてきます。

人間のあらゆる行動・行為というのは、簡単にカテゴライズできるものではありません。
何かにたとえたい場合は、ある程度の共通性があったり同じような条件・環境下に置かれるモノ・コトにたとえる必要があるでしょう。

公衆の面前でやらずに、お家でやってくるのが理想だが…

私は基本的に電車内化粧はOKではないか?と考えていますが、
もちろん、マナーに絶対はないし、程度や状況にもよるので、
必ずしもOK!というわけではありません。OKかNGかはそのときそのときで変わってくるでしょう。

まあでも、公衆の面前で化粧をせず、
きちんとお家で化粧をしてくるのが理想だと考えています。

電車は揺れが激しいし、そもそも余裕のない人にも見えたりします。
周りの目も気になったりして、なかなか集中できないでしょう?

だから、お家でしっかりとやってくるのが一番です。

ところが、現代はとても忙しい世の中です。
仕事をされている方にとっては、なかなかお家でゆっくりと化粧をする時間もとれないかもしれません。
疲れ切っていたら、少しでも長く眠っていたいですもの。

ゆえに、電車内での化粧は致し方ないかな~とも考えるわけです。

女性の化粧というのは、
保水・保湿、バリアなどの基礎的なスキンケアに加え、
紫外線対策やメイクなども施したりして、非常にやることが多いんです。

これらを簡単にやってのけている人もいるとは思いますが、
みんながみんな器用ではないし、肌質も違うのでケア方法も変わってきます。

中には、電車の中のクーラー等の影響で急に肌が乾燥し、
すぐさま保湿ケアを施す人もいるでしょう。
中には「電車の中じゃまずいかな・・・でも、ゴメン!」と思いながら美容液をペタペタしている人がいるはずです。

夏場は、汗のせいでメイクもすぐに崩れたりします。
特に安物の化粧品を使っていれば、オバケのようになることもあります。
そこで、電車の時間を有効活用して、お色直しをする人もいるでしょう。

・・・このように考えてみることで、
私は電車内の化粧を許したくなってきます。仕方がないのです。
もちろん先述のとおり、いつでもどこでもOKということはないとは思いますが。

それに、できれば自宅や化粧室で行えるのが一番ですよね。そのほうが落ち着いてできるし、第一、化粧室はトイレである前に化粧をするためのお部屋なんですから!

最後に

というわけで、今回は電車内での化粧についてのお話でした。
結局のところ、良いか悪いかなんて無いんです。良いvs悪いで話し合うと、絶対にバトルは終わりません。そういうものではないんですから。

基本的にどちらの立場に立つか、というのはあると思いますが、
広い視野で、柔軟に考えていくことが大切でしょう。

あくまでもルールではなくマナーやモラルの問題なのですから、
時と場合によって変わってくるはずなのです。絶対的な答えは無いでしょう。

そう言ってしまうとなんだかズルいかもしれませんが(笑)、
以上が私の意見でございます!
お読みいただきまして、ありがとうございました♪m(__)m

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 美意識や心の持ち方について   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク