調理パンはカロリーのみならず脂質も高い!注意すべき事柄とは

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

調理パン カロリー

調理パンという言葉を聞いたことはありますか?まあ、コンビニやスーパーのパンコーナーに並んでいるパンのほとんどがそれです。

パンにタマゴとかベーコンとかツナとかコロッケとか焼きそばとかソーセージとかクリームとかジャムとかチョコとかの・・・・。そんなやつのことです。パン屋兼カフェやファストフード店のところのもそうです。

細かく分ければ、惣菜パンとか菓子パンなどに分かれますが、ここではすべて一緒くたにして扱おうと思います。あと、上の写真のようなバーガー系も含みたいと思います。

私大好きですよ!いや、大好き“でした”。カロリーが高いということは知っていましたが、何も気にせずに食べていました。

しかし、以前に書いたように潰瘍性大腸炎を患いまして、この病気は油が大敵なので、脂質を気にするようになりました。そこで、調理パンは脂質がめちゃめちゃ高いことを改めて知り、それ以来滅多に、いや一度も食べておりません。はぁ・・・・食べたいなあ。

調理パンはカロリーが高いだけではない!油(脂)のカタマリなのです

あの、私はよく、コンビニやスーパーで人の買い物行動をジロジロと見たりすることがあります(もちろん不審者に思われないように)。

パンコーナーに限ったお話をすると、ほとんどの人がパッケージの裏などに書いてある成分表示を見ていないのですが、なぜでしょうか?ダイエットだの太るだの痩せたいだの気にする人は多いのですが、実際に数値を確かめたりはしないのでしょうか?

もっとパッケージを見る人がいても良い気がします。

・・・と言いつつ、私もかつてはあまり見ない人間でした(笑)なんていうか、めんどくさいんですよね。それにまだ購入していない物をグチャグチャ触りまくるのはどうも苦手です。あと、食べたい物はちゃちゃっと買ってかぶりつきたいんです!分かりますかこの気持ち!

でも最近はしっかり見ていますよ。カロリーよりも油の摂取量を気にしているのでね。

そこで、改めて調理パンの脂質を確認した日にゃ・・・・こりゃもう驚きでした!

カロリーは高いのは分かった。だけど脂質が半端なく高いではないか!!

というわけです。もちろん、物にもよりますが、平均的に脂質の高いパンが多いです。例えば、私の大好きな(大好きだった)ウインナーパンは、カロリーが約300kcalで脂質が約20gだったりするわけです。(ここでは具体的な商品名やメーカーは伏せますね!)

私の潰瘍性大腸炎の場合だと1日に30~40gが許容されているので、そのパン1個で1日の脂質分の半分です。正常の成人男性の場合は50gくらいが適量なのですが、それでも20gというのは気になってしまう数値です。

食事のときの脂質も考慮に入れると、20gは多すぎやしませんか?パン1個食べたせいで1日の食事量を半分くらいに減らさねばならなくなったりします。すると栄養バランスが悪くなりますから、身体に良くないです。腹も膨れないし、余計に間食しそうです。

脂質の少ないパンだと10gに満たないものもありますが、逆に高いのだと30g超えもあります。たかが調理パンですが、侮れませんね。生地や具に油が多く使われているのです。

だから調理パンは食べないほうが良い

極論を言えば、食べないほうが身のためです。

私は、潰瘍性大腸炎であることだけが理由で食べないのではありません。やはり脂質があまりにも多すぎるため、たとえ持病が無くても食べるのを控えると思います(ただ、脂質の数値を知ることができたのはこの病気のお陰ですが)。

たしかに調理パンはおいしいです。小腹がすいたときにうってつけ!

でもそんなのはマヤカシにすぎず、栄養バランスは悪いしカロリーも脂分も多いし、あまり良いことはありません。
しかし、

「私は(俺は)病気なんか持ってないから大丈夫だ!」

と思われた方は少なからずいらっしゃるかと思います。

・・・はい、別に食べてはいけないとは申しません。ご自由に。ただし、潰瘍性大腸炎予備軍かもしれないですよ!それか既に患っているかも・・・!?

脅すつもりはないですが、不摂生というのはあらゆる病気の引き金にもなりますから、調理パンに頼るのはやめるべきだと思います。おいしいからクセになってしまうのは分かりますけれどもね(笑)

まあ、食べる際は成分表示をしっかり見て、多くても脂質が5g前後のを選んだ方がイイでしょう。こんなこと言うと食べられるパンがほとんどなくなっちゃいますが(^^;)なお、フランスパンや食パンは割と安心ですよ♪

詳しくはぜひ調べてみてください!何事も勉強です~(^^)

油(脂)の摂りすぎは老化の元です!

それでは、やっとこさ、このブログのテーマのお話です。

はい、脂を大量に摂取すると、老化が進行し、肌もツヤやハリ、弾力が無くなってシワが増えやすくなってしまいます

ぜひ、下記の記事を参考になさってください。油摂取の注意点と必要性をまとめてあります。

 ⇒ 油(脂質)は肌に必要か?老化を防止するために・・・

つまるところ、過剰摂取にならなければ良いのです。むしろ油は必要なんです(ただ、質の悪い油はNG)。

だから調理パンは大丈夫!と言いたいところですが、やっぱり油が多すぎですね。
1日の間に摂取したあらゆる脂質を全て合計すると、適切な量をオーバーしやすくなる気がします。

まとめ

ちょっと厳しいことを書いてしまった感は否めませんが、これも健康と美容のため。

完璧は無理だと思いますが、できる限りの範囲でソコを目指していけると良いのではないかなと思います。たしかに極めようとするとツラいものがあり、逆にストレスになってもいけないですしね(^^;)

何事もバランスかもしれません。ただ、論理としては、調理パンは食べないほうが良い。・・・そして買うなら成分表示を入念に確認しましょう♪

以上です。

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 食べ物   タグ: ,   この投稿のパーマリンク