男女問わず誰もができる!美意識を高める5つの手順

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 5 分 くらいで読めます】

女性の美意識

さて、ここで面白い問題です。

「3リットルの容器と5リットルの容器があります。この2つを使って4リットルの水を汲んで来るにはどうすれば良いでしょ~か??」

分かりますか??^^ 考えてみてくださいね。

・・・答えは、

  :
  :

この記事を読んでみれば分かります。

さて、今回は女性の誰もができる美意識を高める方法についてお伝えします。

美意識を高めるってどういうこと?

美意識美意識・・・と、なんかの一つ覚えみたいに言いますが、まず美意識って何でしょう?

キレイになりたいと思うこと?・・・違う。若返りたいと思うこと?・・・違う。では、知識を溜めること?・・・これも違う。

美意識というのは、確かに字のごとく「美しくあるべき意識」のことをいいますが、私は人間として美しくあるべき意識だと考えております。

「な~んだ!じゃあバックボタン押そう」

いやいやいや待ってくださいよ!短絡的に考えてはいけません。そうだからいつまでも成長できないんですッ(キリッ)

でも、よく見ると“人間として”という言葉が付いただけなんです。

「そんなの綺麗事でしょ」

って野次を飛ばされそうですが、綺麗事を叶えようとすることの何が悪い?ってわけですし、第一、普段「美意識を高める」と単純に張りきったところで、一体に何のメリットがありましょう?

・・・きっと、その場限りです。
どんなに頑張っても振り出しに戻ってしまったり、うまくいかなかったり、3日坊主で終わったり。

それはそれで悪くはないのですが、なんだかね・・・。

一社会人として、また一女性として、中身から美しい人間を目指すべきだと思っております。

よって、「美意識を高める」というのは、「人間的な美しさを高める」ということになります。そしてその結果、美容の面でも美しくなるor美しくしていく、というわけです。

ちょっと哲学チックですが、当ブログでは肌美容のための表面的な話ばかりしているので、今回は少し深い話をしていきますね。

以下、美意識を高める5つの手順になります!

・・・の前に、ひとつお約束事。

読んだら実際に実行してみてください。←これをまずクリアしないと、いつまで経っても美意識は高まりません。

「こんな変なことしたくないよ」

あ、そうですか。ではさようなら。一生美意識は高まりませんね。

1、自分の心境や思いなどをノートか紙になるべく多く書き出す

書き出す

何だそれ~と思わぬように。これは結構大切なことで、人間力をUPしていくためによく為される方法です。

自分の内面、プラスなところからマイナスなところまでを、躊躇せずに洗いざらい書き出してみてください。なるべく外界の誘惑をシャットアウトして、落ち着いた状態から始めてください。

使うモノは、できれば無地のノートか紙がイイでしょう。そのほうが、感情が高ぶってきたときに殴り書きできます(笑)勢い余って1ページにド派手に書いても構いません!

そしてボールペンがオススメです。芯が折れないし、何となく気持ちがイイです。

こうすることで、自分の本当の姿と向き合うことができます。泣こうがわめこうが笑おうが構いません♪

よく“自分探し”という言葉を聞きますが、大人になってもそれが出来ていなくて、さまよい続ける生き方をしている人が多いのが事実。まわりの意見に流され、己(おのれ)というものを見失っているのです。

感情的になって吐き出すことで、体内の毒素まで放出されていき、自分の心と向き合うことができるのです

2、書き出した中からプラスの面を取り出してリストアップしてみる

プラスリストアップ

1でスッキリしたら、今度はプラスと思われるものだけを取り出して、リストアップしてみましょう。

そのとき、1個1個を噛みしめながらゆっくり書き出すようにしてください。自分の良さを認めていくように。

とにかく卑屈なことは考えず、素直な気持ちで「私にもこんな良いところがあったんだな」という感じでやりましょう。

書き方は自由です。変にきちんと書こうとするとめんどくさいので。

3、マイナスの面を取り出してプラスに転換してみる

マイナスをプラスに

次は、1で書き出したところからマイナスの面を取り出して、それをプラスに捉えるようにします。無理!!と思ったら、それは普段からそういう思考をしていないという証拠です。

頑張ってプラスに言い換えてみてください。例えば、「私はどんくさいから○ねばいいのに」という悲劇的な言葉でも、「私は牧歌的に行動できるから○ぬときはノンビリ○のう♪」って具合です。なんだかあたたかい気持ちになりませんか?

そのように言い換えていくのです。枠にとらわれず、とにかく自由に転換していきましょう!

どうしても無理・・・というものは放置で構いません。

4、転換したものを、プラスのリストに加える

リストにプラス

次は、3で転換して出来上がったプラスの面を、2でつくったリストに書き加えていきます

これで、貴女の良さが洗いざらい書き出されたプラスリストの完成です。

5、そのリストを大切に保管し、ツラいときに読み返す

読み返す

大切に保管して、ツラいことがあったときとか、自分に自信を失いかけてきたときとかにたまに読み返してみてください

そうすることで、心に再び平安が訪れ、自信が湧いてきます!

そして、しばらく月日が経ったときに、以上の5つの作業をまたやってみると良いと思います。そしてそのときに完成したリストを1回目のリストと比較して、過去の自分と現在の自分の違いを楽しんでみるのも良いでしょう。

・・・これで本当に美意識が高まるのか?

きっと半信半疑な方もいらっしゃることでしょう。でも自信を持って言います。

「必ず美意識は高まります」

上の手順の1でまず毒を吐くことでストレス発散なり、2で自己肯定をし、3で「物事は捉えようだ」ということを知り、4で自信が付き、5で大きな味方となります。

特に3の作業が効果的。マイナスをプラスに転換できる思考回路が頭の中に開通すれば、これから先あらゆる試練にぶち当たっても大丈夫。なるべくプラスに、そして建設的に物事を考えられるようになります発想の転換ってやつですね♪

なお、この記事のはじめに書いたクイズも、そうやって頭を使っていく算数の問題です。

ここで途中まで答えを言うと、

・まずは3リットルの容器に水を満タンに入れます。次に、その水を5リットルの容器に移します。(この時点で3リットル容器はカラで、5リットル容器には3リットルの水が入っています。)

・再び3リットル容器に水を満タン入れます。そしてまた5リットルの容器に移します。が、5リットル容器には既に3リットル入っているので2リットル分しか入れることができません。(この時点で5リットル容器は満タンで、3リットル容器には1リットル残っています。)

この先の答えは、ぜひご自分でお考えください。あと少しです!ちょっと考えれば絶対分かります(^^)

自由な発想をすることは非常に大切です。

人間的に美しくなるには、常識を理解した上で常識にとらわれてはいけません。心から明るい考え方をすることが大切です。

美意識といえど所詮は意識、つまり考え方なのです。考え方(思考力)を育むためには、柔軟な頭やセンスを持ちましょう!

この先が大事です!!美意識を美容に活かすのです

美意識を活かす!

思考力を高めても活かさなければ意味がありません。今度は美意識を活かすのです。

美容の力を上げていきたいのなら、自分に見合った美容についての知識を取り入れつつ、頭を使って前向きに考えていくことです。

自分を知っていて思考力が柔軟になっていれば、美容力を上げていくことも効率良く進んでいきます。やたらめたらにネットや雑誌の情報に振り回されることもなくなります。

美容に限らず、あらゆる面で美意識は役に立ちます。これも、“美意識=人間として美しくあるべき意識”といった捉え方をするからこそ。

単にキレイになれればいい・・・では、結局のところ行き詰ってしまったり、悩みの種が増えたりしてしまいます。

まとめ

以上、美意識を高める5つの手順と、それを美容に活かすことについてお伝えしました。

普段、当ブログで申しあげている肌ケアや生活習慣の改善も当然重要なことですが、たまにはこうやって深いことを考えるのも、さらなる美容力UP には欠かせません。

ざっとおさらいすると、

  • 1、自分の心境や思いなどをノートになるべく多く書き出す
  • 2、書き出した中からプラスの面を取り出してリストアップしてみる
  • 3、マイナスの面を取り出してプラスに転換してみる
  • 4、転換したものを、プラスの面のリストに加える
  • 5、そのリストを大切に保管し、ツラいときに読み返す

そして、こうして高めた美意識を実際に活かしていく!

・・・でしたね。外見のみならず、中身から輝く美しい人間になりましょう!!

 
 ⇒ 当ブログ目次へ

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 美意識や心の持ち方について   タグ:   この投稿のパーマリンク