便秘が肌荒れを招いてしまう理由とは?原因と対策を考えよう

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 5 分 くらいで読めます】

便秘

踏ん張れど踏ん張れど、なかなか顔を出してくれない・・・。

そんな状態がかれこれ1週間も続いて・・・という経験はないですか?

腹が張って、たまに腹痛も伴うのにもかかわらず出てくれない。そんな便秘の症状はけっこうツラいものがあります。

オナラも溜まるし、気分まで重たくなりがちですが、もちろん体の不調とのつながりは大きく、肌荒れだって無縁ではありません。

今回は、便秘と肌荒れの関係性についてみていきましょう!

便秘になると肌にはこんな症状が出る

肌荒れと言っても、その症状はけっこう幅広いもの。ニキビやくすみといったものが代表的ですが、当然のことながら、乾燥肌や老化にもつながっています。

体の不調が起きるということは内臓機能が低下している証拠なので、肌に様々なトラブルが発生しても何らおかしくありません。

なぜ肌荒れを引き起こすの?その理由とは

では、便秘になるとなぜ肌荒れを引き起こしてしまうのか、その理由を見ていくことにしましょう。

まず、腸内には善玉菌と悪玉菌が混在しています。

善玉菌はその名のとおり善い菌のことで、この子が腸内環境を良い状態に保ってくれています。

代表例として乳酸菌が挙げられますが、聞いたことはあるかな?
一説によれば、この乳酸菌が腸内の老廃物を排出してくれる役割を持っているようです。

一方で悪玉菌という悪い奴。便秘になるとこれが増えると言われています。

悪玉菌は消化を阻害して活性酸素を発生させたり、アンモニアや硫化水素といった有害物質を作り出します。

これらの毒素が血液を介して体中に巡ることによって肌荒れを引き起こし、シワやたるみを増加させて老化に導きくんです

もちろん、心配なのは肌荒れだけではありませんよね。

頭痛、めまい、口臭や体臭、臭い屁をはじめとして、免疫の低下によるさまざまな病気の引き金にもなり得ます。
最悪の場合は中毒死に至るといった事例もあるようですよ!

便秘の原因とは?

“肌荒れはの原因のひとつは便秘”ということをお分かりいただけたかと思いますが、では、その便秘はいったい何が原因で起こっているのでしょうか?

「食べる物が悪い」と一言で片づけてしまいたくなるかもしれませんが、実は様々な事例が考えられるわけです。

便秘になる原因は、ざっと以下の6通りです。

* 食生活の悪さ、消化不良
* ストレス
* 加齢
* ホルモンバランス
* 薬の副作用
* 大腸癌などの病気

主にこれらが代表的なところ。大概は上側の4つのいずれかである可能性が高いかなと思います。

では、以下でそれぞれに対する対策を練っていくことにしましょう。重いほうから見ていくことにします。

原因と対策を考えよう

* 大腸癌などの病気

大腸癌は初期症状が出にくく、発生していることに気付くことがなかなか困難な病気です。

この癌を見つけるには、念入りな検査をしないと分からないといったことが多く、もし何らかの症状(血便など)が出たときには時すでに遅しというパターンも。

大腸癌が発生する原因もさまざまですが、食生活の悪さもひとつあります。

そのため、偏った食事をしている人は改善に努めるようにしなさい。脂質の高い物や消化に悪い物はよろしくない

また、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎やクローン病などといった病気もあります。下痢を引き起こしやすい病気ですが、便秘にもなりやすいです。

これらの病気になる原因はなかなか特定できないことが多いですが、対策としては食生活の改善が一番。あとはストレスがかからないよう配慮すること。これらの病気も癌化するおそれがあるんですよ。

* 薬の副作用

薬の場合は仕方ない部分がありますが、もし気になるようであれば、医師や薬剤師に相談されると良いと思います。

そのときは、便秘が気になり始めた日時、便秘による不具合などを具体的に説明できるようにすると良いでしょう。

* ホルモンバランス

特に女性に起こりがちなホルモンバランスによる便秘。黄体ホルモンやプロジェステロンといったホルモンが、便への送水を抑えてしまうのです。

これは体の自然な反応なので、文句を言っても仕方がないというのが私としての正直な意見です。

しかし、やはりツラいものがあります。普段の食生活を十分に考え、ストレスの少ない生活を心がけていきましょう。

そうすることで最小限に食い留めることができると思います。

女性はさらに、排便に使う筋肉が男性よりも劣り、ストレスにも敏感。骨盤も広く、そこに腸が垂れ落ちることも多いので、腸の働きがにぶりやすいものです。

便秘の症状に悩まされ続ける場合は、便秘薬の入手も検討されるのが良いでしょう。

* 加齢

これも自然な作用なので仕方がないですが、加齢をなるべく食い留めるように努力することが大切です。

それこそ、良質な生活習慣です。特に食生活の改善やストレスーフリーな生活が重要となってきます。

* ストレス

ストレスというのは、心の病や精神的な負担のこともから、ダイエットなどによる身体への負荷のこともここでは意味します。

心の病の場合は精神科などのお医者さんにかかることがまず優先です。

ほか、ストレスを感じやすい方の対策は、ここでズバッと決めることは出来ませんが、やはり普段から心と向き合って、自分をいたわってあげることを意識してみましょう。

忙しくストレスの多い社会では我慢も大事ですが、我慢ばかりが良いわけない。たまには思いっきり自由を愉しんでみましょう!

あとダイエットですが、正しい方法でやればさほど影響はないはずです。

食事制限をしすぎると腸の蠕動(ぜんどう)運動の機能が鈍ってしまうのでよろしくないです。心当たりがあるのでしたら、ダイエット法を見直してみることをオススメします。

* 食生活の悪さ、消化不良 

これは自分の普段の生活を見直してみることが大切です。

酒ばかり飲んでいるとか、栄養の偏りがあるとか、摂りすぎている栄養があるとか、食べ過ぎているとか、消化に悪いものばかり食べているとか、ちょっと調べてみればすぐに気付けると思います。

便秘が気になるのなら、食物繊維を多く含んでいるもの(野菜、果物、穀類)などを意識して食べることをオススメします。

ただ、野生の草食動物のように一度にガツガツ食べてもあまり意味が無いので、毎食分に分けて取り入れるようにしましょう。

あと、水分不足に陥らないように

なお、脂肪分を多めに摂ると良いという話もありますが、あまり意識しなくても良いと私は思います。というのも、脂質の過剰摂取こそ、後々生活習慣病を引き起こすおそれがあるからです。

なので、摂り過ぎないよう、しかし摂らないということもないようにすれば良いでしょう。

その他の対策

ほかにも便秘への対策は色々とあります。

当然、朝は腸もまだ眠っているので排便はしにくいので、起床後にコップ1杯(約200ml)の水を飲むと排便が楽になります。

トイレで焦って唸って腸に力を入れると、それは腸に負担がかかってしまうので、排便の時間も十分にとって余裕を持ちましょう。そしてリラックスした気分で排便を試みることです。

また、普段運動不足だという方は、意識して運動するようにしましょう。

ウォーキングなんかは誰でも簡単にできると思うので、1日30分ほどやってみませんか?新陳代謝も促され、肌に効果的です。

ほかに下剤を呑むという手もあります。しかしこれは脱水症状に陥る危険性があるのでオススメしません。飲む場合は、医師や看護師の監督下で行なってほうが良いでしょう。

なお、腸内環境を改善するサプリメントなどもあります。下剤を呑むくらいならこちらのほうがマシ。例えば、以下のようなものがあります。

 ⇒ 善玉菌のチカラ(フジッコ)

しかし私はサプリメントは基本的にオススメしない主義です。自分の体質を熟知していないと、特定成分を過剰に摂取してしまう可能性があるからです。

サプリが不安な方には、「ほっと熟成発酵しょうが 」(ファインエイド)などの生姜の力を使ったドリンクなどが、安心して美味しく飲めるのではないかと思います。

 まとめ

主に便秘の改善のお話になってしまいましたが、便秘の改善は肌の美容には大きな効力を発揮します。

便秘の原因は上記のように様々ですが、少しずつ改善していけると良いですね(^^)

スッキリ快調になれば、肌のみならず、体全体が健やかになり、また心もパーッと晴れやかになることでしょう!

特に女性の方は大変な場合もありますが、半ば割り切って、前向きに対策していけると良いですね♪

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 色々な状況や肌への影響など(雑多)   タグ:   この投稿のパーマリンク