汗によるメイク化粧崩れをどうにかするための対策とは?

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

汗でメイク化粧崩れをしてしまうとき

夏のような暑い季節には、メイクや化粧が汗によって崩れてしまうことが頻発します。家を出る前にせっかくきちんとスキンケアやメイクアップをしても、これではちょっと残念。それどころか、酷いとダラダラな顔になってしまいますよね。

では、どうしたら、汗でメイク・化粧が崩れにくくなるのでしょう?もう、諦めるしかないんでしょうか!?・・・いや、そんなはずはないですよね!

この記事では、汗によるメイク化粧崩れの対策についてお伝えします。顔に汗をかきやすい方は、ぜひ参考になさってみてくださいね。

顔の汗対策を手っ取り早く済ませたい場合

まずは、ちょっと面倒くさがり屋なタイプの方に、顔の汗対策を手っ取り早く済ませる方法をお伝えしたいと思います。とても簡単ですので、オススメといえばオススメかと思います。一度検討してみると良いでしょう。

その対策とは、「サラフェ」というコスメアイテムを使った方法です。

夏場になると、制汗スプレーとか制汗シートとかがたくさん出てきますが、サラフェは美容成分の入った顔用制汗ジェルです。肌を整えつつ、顔にしっかりと塗ることができると思うので、非常に便利なアイテムと言えるでしょう。

とにかく、このサラフェがひとつあれば、顔の汗対策はだいたいOKでしょう。いつもの基礎的なスキンケアの後などに塗り、その上に日焼け止めやメイクをされると良いかなと思います♪

サラフェの公式通販サイトはこちら
サラフェ

サラフェを使った対策方法はとても便利なので、急ぎの場合はそれだけで間に合うかと思います。でも、もっと突き詰めていくのであれば、以下の方法も試してみると良いでしょう。

メイクや化粧を崩れにくくする対策

まずは、使っている化粧品についてクローズアップ!
貴方は、今、どのような日焼け止めを使用されていますか?メイクアップ化粧品はどうでしょう?

日焼け止めだと、紫外線吸収剤が入っていないものやオーガニックタイプだと、汗によって落ちやすい可能性があります。もし、汗に流れないようにするには、紫外線吸収剤が入ったようなケミカルタイプなどの日焼け止めが良いでしょう。

しかし、そういうのは肌にも負担が大きいという点を忘れてはなりません。なので、敏感肌や乾燥肌の自覚がおありの方は、汗に流れやすくても優しいタイプがオススメです。塗り直しは面倒ですが、肌のことを考えたらそれが一番!

そこで、先ほどご紹介したサラフェのようなものがあると、汗に流れやすい日焼け止めを使っても、今以上に汗を気にしなくて済むかなと思います。

それから、ファンデーションやパウダー、アイメイク、口紅等々のメイクアップ化粧品。これらも、汗に落ちにくいタイプのものを選ばれると良いのは言うまでもありません。

しかし、あまりにガッチリと肌に乗るものだと、夜のクレンジングが大変になってしまいます

すでにご存知かと思いますが、メイクを落とし切るのに何度も洗ったりゴシゴシこすったりするのは、肌に良くないですよね。やっぱり、クレンジングを最小限に抑えられるアイテムがあれば、それが良いのです。

だから、やっぱり落としやすいモノを塗って、時間を見つけてお色直しするのが、肌には良いかもしれませんね。まあ一概には言えないですけどね(^^;)

この辺は、バシッと答えを決められないので、自分なりに色々試されてみると良いと思いますが、いかがでしょうか。

余分な顔汗をかかないようにする生活パターン

さて、ここでちょっと視点を変えてご説明しましょう。上では、主に化粧品に着目しましたが、こんどは、汗を抑えるための生活パターンについてです。

もちろん、夏などの暑い時期をはじめ、汗をかく必然性のあるシーンでは、顔の汗から逃れることはできません。いくら汗をかきにくい人でも、毛穴からジンワリと汗と皮脂が出てくるものです。それは仕方がないことです。

ここでは、“余分な” 顔汗をかかないようにするための生活パターンについてをお話しします。

必要以上に汗をかいてしまうのは、大きく言うと、体の自律神経・代謝機能のバランスやホルモンバランスが崩れていることが原因となっていたりします。

女性や、ストレス・疲れを溜めやすい方、不規則な生活を送っている方、食生活や睡眠生活が悪い方、あまり体を動かさない方などは、必要以上に汗をかいてしまう傾向にあると思います。

別記事「顔に汗をかかない方法はコレ!テカリを抑えて清潔肌へ」にも書きましたが、特に日々の生活パターンというのは大切です。中でも食事や睡眠、運動は、しっかりと考慮に入れるべきでしょう。

栄養バランスの良い食事を考え、睡眠もしっかりとり、定期的に体を動かす!そして、なるべく規則正しい生活を送る!夜更かししたり、消極的な生活を送らない!・・・これら全て、とても大切なことです。

人によって、生活リズムというのはまちまちですが、今の自分にとっての最大限の努力をして、理想の生活に近づけられると良いですね♪なかなか難しいことではありますけど、これも健康と美容のためです!

でも、なんだかんだいって、暑い季節の汗は、必ず出ます。でも、健康体であるなら、エアコンの効いた部屋でじっとしているのに滝の汗が流れることはありません。涼しい部屋でも滝汗が出るなら、気を付けたほうが良いでしょう。

室外と室内の温度差にも気を付けよう

汗を極力抑えようと、ガンガンに冷房を稼働させて冷やすのは、やはり体に良くないですね。温度差が5度以上あると、自律神経が狂い、風邪のような症状が出たり、暑い所に出たときに汗がダラダラと流れ出ることがあります。

汗を抑えたいお気持ちはよ~く分かりますが、温度差に気を付けないと、余計に汗が出やすい体質になってしまいます。

なので、長い目で見据えて、冷房の効かせすぎには十分に注意したほうが良いでしょう。

顔の汗対策は、広い視野で考えよう

顔の汗を抑えたりする方法は、いくらでもあると思います。なので、もし余裕がおありの方は、色々調べてみると良いと思います。

とにかく広い視野で考えましょう。そうすれば、必要以上に汗を出す頻度が減ると思います。

そういえば、私、冬の極寒日ですら顔に汗がダラダラと垂れることがあります。あたたかい物を食べるとなりやすい気がしますが、それよりも考えられる原因は、やはり、不規則な生活ですね。お仕事の関係で夜遅くまで起きていたりすると、体が狂ってしまうのです。友達にも「その汗は異常だよ」と指摘されましたね。

ほかにもあります。高校生の夏、人よりもダラダラと汗が流れていたので、友達から「それは尋常じゃない汗だよ。もっと上品に生活しなよ!」と厳しく言われたことがあります(笑)なるほど、上品に生活・・・ですか。

「汗でメイクや化粧が流れにくくなるように」と考えると、どうしても顔だけに意識がいきがちですが、以上のように、幅広い視野で考えることも必要です。面倒くさいですが、やって損はないので、ぜひ今日からでも意識なさってみてくださいね♪

まとめ

今回は、汗によるメイク化粧崩れをどうにかするための方法についての記事でしたが、いかがでしたでしょうか?

色々と小難しいことをお話ししてきましたが、手っ取り早く汗を抑えるなら、最初のほうでご紹介した顔用制汗ジェル「サラフェ」を使った方法が最もオススメではあります。

ですが、長い目で見た対策も忘れてはならないかと思います。私はクソ真面目なことを言っているかもしれませんが、大事じゃなきゃ言わないですよ♪根本から、そして体内からケアしていける良いですね^^

サラフェの公式通販サイトはこちら
サラフェ

 

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 化粧(メイク)と肌の関係とは   タグ: ,   この投稿のパーマリンク