朝洗顔では、洗顔料を使ったほうが良いのかどうか?

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

朝の洗顔料

朝に顔を洗うときは、あまり洗顔料を使わないほうがいい!・・・そういったお話を聞いたことがある方も多いと思います。私も、至る所でそういう話を見聞きしてきました。

まず、なぜそのほうが良いか?というと、それは皮脂を必要以上に取り除かないためです。特に冬には朝の肌は水分が抜けてカサカサになっている傾向にあるので、そこで洗顔料なんか使ったらなおさらアカンで~ってことですね。

でも、私は、答えはひとつに絞れないと考えています。というのも、人それぞれで肌質は違うし、年齢とか生活リズムによっても肌の都合って変わってくるからです。

では、もう少し詳しく見ていくことにしましょう。ぜひ参考になさってみてくださいね。

洗顔料を使わないほうが良いかも?という場合

朝の洗顔で洗顔料を使わないほうが良いかも?というのは、ざっと次のような場合です。

* 肌がすこぶる乾燥している
* 肌に何らかの異常が見られる
* 敏感肌である

とりあえず3つ挙げてみましたが、共通点はお分かりですか?・・・そう、傷付きやすい状態ということです。

肌が乾燥していれば皮脂バリアが少ない(あるいは無い)ということなので、洗顔料(というか洗顔料を肌に乗せて洗う行為そのもの)が刺激になったりします。また、肌に傷があったり日焼けなどをしてベリベリとめくれている場合も同様です。

それから敏感肌。敏感肌といっても幅が広く、赤ら顔であったり、肌荒れが起きやすかったり、ニキビができやすかったりと色々です。敏感肌は、老化によって肌機能が低下することで引き起こされますが、ストレスや化粧品の不適合などによっても陥ってしまうことがあります(若い方でも起こるし、女性なら特になりやすいです)

その敏感肌の場合も、朝洗顔での洗顔料は極力控えたほうが良いかもしれませんね。要は外的な刺激に負けやすい状態の肌ですので、なるべく肌をいたわり尽くすことが大切ですね。

※ この場を借りて言いますと、一度敏感肌になるとなかなか厄介。だから、スキンケアなどに怖気づいてしまうこともあると思います。でも、それだといつまでも現状は変わらないのですね(むしろ加齢によって深刻化する場合があります)。勇気を出して、自分に合った化粧品を探してスキンケアをしながら、生活習慣の改善を講じてみましょう。それはもう道のりは長いですが、とにかく、内と外からのケアの継続が命です!悩みすぎも良くないので、もっと自由な気持ちでケアをしていくことも忘れないようにすると良いでしょう♪

なお、水洗顔がいいか ぬるま湯洗顔がいいか?という点は、好き好きで良いと思います。が、洗顔後のスキンケアのことを考えたら、ぬるま湯のほうが良いかもしれませんね(後でも述べます)。

洗顔料を使ったほうが良いかも?という場合

朝の洗顔で洗顔料を使ったほうが良いのは、ざっと次のような場合です。

* 汗・皮脂で肌がベタベタ
* 脂性肌である

肌に汗・皮脂が溜まりやすい場合は、たとえ朝であっても洗顔料と ぬるま湯を使ってきちんと清浄に保つことが大切です。なぜなら、汗・皮脂には老廃物が含まれており、それを肌にまとわりつかせておくと雑菌やニオイが発生しやすくなるからです。結果としてニキビや肌荒れなどを招きかねません。

元々汗や皮脂が出やすいなら、洗顔料でさっぱり落としてしまってもさほど問題はないかなと思います。どうせまだ噴き出してくるだろうし(^^;)特に高校生とかの若い方でしたら、洗っても洗っても皮脂が噴き出し、ニキビだってできやすいものですね。

健康肌であればカピカピになる確率は低いので、洗顔料できちんと洗いましょう!そのほうが清潔です。ただ、敏感肌であるという自覚があるなら、ぬるま湯だけにしておくのが無難でしょう。

洗顔料の選び方も、できれば考えよう

洗顔料を使う方は、なるべく泡立ちの良い低刺激性の洗顔料を使うようにしましょう。そこらの安物の洗顔料は購入に便利ですが、けっこうピリピリすることも多い(ハズレ率が高い)ので、ワンランク上くらいのものを選んでみましょう(だからといって絶対大丈夫と豪語はできませんが)。

ニキビ向けだとかくすみ向けだとか色々ありますが、その辺は好みとか肌質にもよります。が、別にニキビが無い人がニキビ向けを選んだからといっても大きな問題はないので、自由に選べば良いと思いますよ♪

万一使ってみて何らかの異常があったら、すぐに使用をやめ、違うのを検討されてみてください。

私は、基本的に朝も洗顔料を使う立場です

色々書いてきましたが、基本的には朝も洗顔料を使っても良いよ~というのが私の立場です。なので、上に書いたのは必ず守りましょう!というわけではありません。

ただ、(繰り返しになりますが)肌の乾燥が著しかったり赤みや痛みなどがある場合は、使わないのが無難かもね!ということです。一方でベタベタするなら使ってみようよ!ということですね。まあ、それでももっと自由に考えてOKだと思いますよ。変にストレスを抱えても良くないですからね。

洗った後は、保水・保湿をすぐに行おう!

もし洗顔をしてカピカピになってしまったら、保水・保湿のスキンケアをすぐにすることです。いや、カピカピにならなくてもケアは大事。つまり、洗顔料を使う・使わないのことよりも、その後のスキンケアをきちんとやるか?という点が重要です。

洗顔料を使おうが使わまいが、保水・保湿ケアはしっかりとやるのが、整った肌にするための得策なのです。

保水・保湿をしないと、その後のメイクもうまく乗らないばかりか、直(じか)に肌に乗せることになるので負担も大きくなってしまいます。特に敏感肌の方には言えることでしょう。

なお、ぬるま湯で洗顔をしておくと、毛穴がキュッと閉じにくいので化粧水などが浸透しやすくなりますよ。冷水だと毛穴が引き締まってしまいますので、化粧水の浸透は悪くなる傾向にあります。

まとめ

以上、朝洗顔では洗顔料を使ったほうが良いのか避けたほうが良いのか?といったお話でしたが、いかがでしたでしょうか?

ここで改めてまとめてしまうと、

* 基本的にはどっちでも良い
* 肌への負担が気になるなら使わず、ベタベタするなら使おう
* 洗顔料のことより、洗顔後(メイク前)のスキンケアが大事!

という結果となります。全ては自己判断に委ねられていますので、ぜひご自分の肌と相談しながら、洗顔・ケアをなさってみてくださいね。

今回は夜洗顔のお話はしませんでしたが、夜は、朝以上に肌が汚いので、「洗顔料(クレンジング料)を使う」というほうに もっと比重がかかると思います。洗顔・クレンジングの目的は肌を清浄に保つことですので、とりあえずそれが叶えばOKなのです。

とにもかくにも、洗顔やケアを楽しんでいきましょう!これが最も肝心です(*^^*)

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: シーン・状況別の肌対策, 肌ケアにプラスして考えてみたいこと   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク