食欲の秋にダイエットするのはやめましょう!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

食欲の秋 ダイエットする意味って?

秋といえば・・・芸術の秋、読書の秋、運動の秋、食欲の秋!!

冷暖房がいらないし、気候も良くて集中しやすいし、散歩しても気持ちがいいし、夕方の切なさは何とも言えない趣がありますよね。食べ物もおいしくて、どうしてもガツガツいきたくなります。

また、美容の面では、ダイエットに最適な季節とも言われています。涼しいから運動もできますからね♪ただ、食欲の増すこの時期のダイエットは正直ツラいものがありますね(^^;)

だから、自分の身体に対して正直になって、ダイエットなんかしなくてイイんです!

どうです??こう考えると気持ちがフッと軽くなるでしょう(^^)・・・無理してやったって意味ないんですよ!美味しいものが食べられる季節なんですから、我慢なんかしたらストレスですよ。

秋の食欲には意味がある

しかも、秋ってどうも食欲がめちゃくちゃ増すんですが、これって寒い冬を乗り越えるために必要なことなんです。

動物たちって、寒い冬は冬眠したりしますね。プラス、冬の間は食べ物が取れないし、野生の世界では死の季節といっても過言ではないでしょう。

そんな季節を乗り越えるには、秋のうちに体力を温存しておかないといけません。その本能的な意思が食欲として現れるわけで、動物たちも秋はガツガツ食べるんです。この秋という季節にしっかり食べておかないと冬には死んでしまうことを知っているわけです。

秋には食べ物をガツガツ!

まあ、現代においては、冬といったらクリスマスだとかお正月だとかで賑わうし食べ物も山ほど出てくるわけで、死のイメージとはずいぶんかけ離れたものとなっています。そのため、「秋にしっかり食べておこう」といった考えにはあまり至らないかもしれませんね。

ただ、DNAには刷り込まれているので、秋には頻繁にお腹が空いてしまいます。

そういった季節だからこそ、ダイエットをすることによって他人と差を付けられることになります!だから、あらゆるところで秋ダイエットは推奨されているし、実際に気候的にも実行にも移しやすいでしょう。

だけど、秋はダイエットをしないほうがいい

死のイメージとはかけ離れた冬ですが、現に寒く、体調も崩しやすく、身体も冷えやすい季節であることに違いはありません。インフルエンザやノロなどのウイルスが猛威を振るうことを考えたら、一番命を脅かす季節であることは簡単に理解できます。

そんな季節に、身体を守ってくれるものって何か?それは脂肪です。この脂肪が体温を維持します。「冬に太る」という人がけっこういますが、それは理に適っているんです。自然的なことなので、気にしたら負け。

ダイエットをして脂肪を落とすと、冬に耐えられない身体になってしまいます。血液循環が悪くなるし、身体が冷えます

するとどうなるかご存知ですか?

内臓の機能も低下し、あらゆる免疫も落ち、肌への栄養分も不十分となってしまい、美容にも大きな影響を及ぼすんです。簡単に言えば、肌は老化します。シワ、たるみ、シミ、くすみが次第に増えていきます。

だから、冬支度として、秋のうちにしっかり食べましょう。ダイエットはいけません。秋はあまりすべきではない季節です。

いや、だからといって何でもかんでも食べれば良いという問題でもないので、気を付けてくださいネ!食べすぎも身体に悪いし、当然肌にも悪影響を及ぼします。なので、安っぽい言い方ですが普通に食べればOK!ということです♪

どうです?なんだか安心しませんか?(^^)

秋にはおいしいもの食べましょうよ!

とは言っても、やっぱりダイエットしないと!と思う方は

そうですね。一番気候的にも心地の良い季節にダイエットをしないんならいつするの?ってことになります。

夏にしよう!というのも待った。しっかり食べたり飲んだりしないと夏バテを引き起こしたり熱中症にかかったりして危険です。

じゃあ残るは冬か春か・・・・。

上に書いたように、動物たちにとって冬は体力を温存しておく時期です。つまり、エネルギー放出が一番為されない季節。それでもって寒さから身を守るために体温を上げようと新陳代謝が向上します。

そのため、その新陳代謝の良さに便乗して冬ダイエットをすると、実は痩せやすいということになります。

しかし、やはり寒い冬のダイエットは無理があります。そのため、気を付けてやらないと冬バテ(?)を起こしてしまうかもしれません。

では春はどうでしょう?

気候的には問題ないですね。夏になったら薄着を堂々と着られるように・・・と思うと、なるべく早くからやっていきたいものです。

よって、例えば2月中旬あたりの冬終盤から開始して半年近くかけて長いスパンでダイエットをすれば、身体への負担も少なくて良いかと思います。

なお、美容にふさわしい体重と医学的に健康な体重のギャップというものがあるのですが、優先すべきは後者であり、美容視点ではデブだと思っても医学的に健康な体重の場合には無理なダイエットは禁物です。

皆さんモデル体型とか理想かもしれません。もちろん彼女らは相当な努力をしていますが、元々そういう体質でもあります。だからこそ仕事にできてしまうわけです。フツーの人たちはアレを目指す必要はありません。お門違いです(笑)健康を求めるこそ、美容を求めることに他ならないのです♪

ちなみに世の男たちは、平均として、スレンダー女性よりも健康体重な女性を好みます。本能的にそうなんです。だって、子供をつくることを考えたら分かりますよね?

まとめ

肌の美容を考えたとき、間違ったダイエットは絶対に良くないです。過激なものはもちろん、上のほうに書いたように人間の本能的性質に反したのもいけません。

それと、日頃から美容に良い食事や生活を心がけていれば、それこそダイエットに効き目があると思います。それは「ダイエット」とは呼ばないと思いますが、それなら1年を通して可能ですし、肌の健康や美容にも優しくてふさわしい方法ではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 美意識や心の持ち方について, 飲食その他   タグ:   この投稿のパーマリンク