油肌やテカリの原因は乾燥だった!?それ 老化なんです

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 5 分 くらいで読めます】

油肌やテカリの原因

汗なのか、皮脂なのか、それとも料理をしたときの気化した油が付着したものなのか・・・。テカリの原因はひとつに限ったことではないですが、やはり気になりますよね。マグロならうまそうなのに。

ちょっと自分の肌を触ってみましょう。

・・・いかがですか?

特に何かした心当たりがないにもかかわらず、肌がネチッ・ベタっとしていたら、それは一応、油肌(脂肌)であるということです。

やだね~そんな肌で近づいてこないでください!汚いッ!

・・・と思っている人、まわりの人にいるかもしれないです。言わないだけで。

それを考えるだけでちょっとイライラしてしまいますよね(^^;)

ということで、ここではその脂肌・テカリの原因のひとつとして肌の“乾燥”に注目し、影響と対策を考えてみましょう。

もしかしたら、本当は「乾燥肌」である可能性もあるので、間違ったケアをしないように、しっかりお伝えしていきます!

インナードライ(肌の内側の乾燥)が原因のひとつかも

まだ聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、インナードライというのはご存知ですか?

その名前の通り、肌の内部の乾燥です。

見かけ上は潤っているかのように見せかけて(だって皮脂でテカっているわけですから)、実は、

 水分が足りていない

状態に陥っているのです。要は、「隠れ乾燥肌」というわけです。ほかにも、乾燥性脂性肌といったりオイリードライ肌といった言い方もあります。

では、なぜそういう状態になってしまったのかというと、それは体外/体内からの水分補給がうまくいっていなかったり、また肌のケアが正しく行なわれていないからです。

もっと具体的にいうと、

  • * 空気乾燥、紫外線などの刺激
  • * 花粉、アレルギーなどによる肌機能低下
  • * 水分補給が足りない
  • * 洗顔をしすぎている/やり方が間違っている
  • * 保湿が足りない
  • * 皮脂を拭きすぎている

といったものが、いくつか当てはまっているかもしれません。

多くの場合、洗顔の際に一生懸命にやりすぎたり、「あ~肌がテカってる~」といって拭き取りまくったことに起因するでしょう。

乾燥肌なのになぜ大量の皮脂が?

色々な要因が重なって乾燥肌になると、油肌になることがあります。

はて、なぜ・・・?

・・・それは、肌が「いけない!脂を出さないとどんどん乾燥しちゃう!!」と慌てふためき、皮脂をバンバン出すからです。つまり、バリアを張ろうと頑張るのです。

見た目は油肌、だけど正体は乾燥肌
大人の油肌の多くは、思春期の子と違い、こういったインナードライ(隠れ乾燥肌)だと言われています。

勘違いして洗いすぎたら悪化する!

油肌とは別に、もともと皮膚に脂が乗っているのは当たり前なんです。というのも、皮脂は肌の潤いを逃がさないようにするバリアのような役目を担っているからです(これを皮脂膜といいます)。

だから、完全に皮脂を無くそうとするのは良くない。もし強く拭き取ったり洗いすぎた場合は、それ、逆に肌にとっては不都合なわけです。

皮脂バリアが剥がれ落ち、肌の隙間から水分が抜けていってしまいます。よって、より深刻な乾燥肌や、ときには敏感肌などになってしまうこともあります。

もちろん、テカリがどんどん増していくこともあります。

通常発生しうる皮脂は大切なんですよ!

 関連記事 ⇒ 油(脂質)は肌に必要か?老化を防止するために・・・

インナードライを放っておくと老化促進?対策は早いうちに!

 ここまで読んで何も危機感を覚えない方もいらっしゃると思いますので、ちょっといいですか?

乾燥肌というのは、なるだけ早くに対策を打たねば、当然、そのまま乾燥が進みます。

肌の角層の一つひとつの細胞の隙間にある「細胞間脂質(セラミド)」も減少します。

セラミドとは本来、肌を刺激や異物から守ったり、内側の水分が逃げないようにしたりするシステム。これが減ることでどうなるか?は、想像に難くないと思います。

外からの刺激を受けやすくなり、敏感肌化し、肌の老化が進んでいきます。

といいましょうか、もうすでに老化は始まっているんです。乾燥肌=老化だと思ったほうが良いでしょう。ツヤもハリも弾力性もなくなってきているのです。

当然それを放っておけば、シワやたるみなどが増えていきます。年月が経てば、対策している人と対策していない人では歴然とした差が出てきます。

ほかにも、インナードライでは皮脂が大量に出るわけなので、毛穴が詰まりやすく、あまりキレイではない肌ということが言えます。

その結果、顔中に小さいブツブツ(角栓)ができやすくなったり、ニキビの発生確率も上昇してしまいます。

よく、そういった現象が目に見えてから慌ててケアする人がいますが、それから知識を得て対策を講じても遅いのです。

「こういう場合はタリラリだね」という正しい知識をあらかじめ持っておけば、早期に解決・防止することが可能なわけです。(もちろん、それでも完璧は難しいですけどね)。

もし今テカリなどが気になるのであれば、インナードライを疑い、水分を蓄えてあげましょう。

インナードライの対策・改善はやっぱり保湿!

対策。それはもう徹底した乾燥対策と水分補給です。体外/内 からしっかり保湿していきましょう。

朝に洗顔をし保湿し、寝る前も洗顔と保湿をし・・・とやっていらっしゃるかと思いますが、日中も、なるだけ乾燥を気にしましょう。加湿器を使ったり、霧吹きを使うのも手です。

なお、洗顔後は皮脂が余分に落ちてしまっている可能性がありますので、しっかりと保湿を行ないましょう。たっぷりと潤してあげてください♪ 

保湿をするタイミングは洗顔直後。肌が柔らかくなっているときに浸透力が高くなります。皮脂が出て来ぬ先に保湿しましょう!

ケア化粧品は、インナードライに適したものを使うのが良いです。
たとえば以下の化粧品です。

>> アヤナストライアルセット

これだと、角層のセラミド不足分を補うので、きっちりと潤わせていくことができるので、おすすめします。

クレンジング・洗顔のやり方も見直そう

保湿は大切ですが、クレンジングや洗顔も見直しておきましょう。

クレンジングや洗顔の際に使うアイテムですが、程良く洗浄力がありつつも保湿力のあるものを使ったほうが良いでしょう。強いものだと、やはり皮脂を余分に落としてしまうからです。

クレンジング・洗顔アイテムでおすすめなのは、例えば、リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングというもの。保湿美容成分をチャージしつつ、毛穴効果のある低刺激洗顔が可能です。

>> リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

最後は、体温より少し温度の低いぬるま湯ですすぐと良いでしょう。これは朝も夜も同様です。熱すぎると必要な皮脂分まで奪い去ってしまいます。

そして洗顔直後は、先ほど書いたようにしっかり保湿を行なって、その後は、できればクリームなどでバリアを張ると良いと思います♪

NG行為を再確認!

× 脂取り紙での拭き取り
× 過剰な洗顔
× その他こすったりする行為

これらは皮脂を過剰に落としてしまったり、肌を傷つけたりしてしまうので、老化を進行させかねません。もちろん、脂性肌を気にしていない場合は、脂取り紙を優しく使ってもOKですが、まあ、基本的にはやらないようにするのが安心です。

まとめ

それでは、もう一度おさらいをしましょう!

油肌(脂肌)やテカリはインナードライが原因です。インナードライへの対策・改善法は、

 低刺激のクレンジング・洗顔
 保湿を徹底する
 皮脂を無理に取ろうとせず、肌をいたわる

とりあえずこの3つをおさえておきましょう!

もちろんですが、肌の健康を考えた生活も営む事が大切です。

水分もしっかりとり、栄養もバランス良く摂取。肌をしっかりおやすみさせるために、ノーメイクの日を作ったり、睡眠の質を高めるのも忘れてはならないでしょう。

すぐには解決に至らないかもしれませんが、今日から始めれば、早く始めた分だけ結果も早く出ます!

>> もう一度対策を詳しく見る

ご健闘をお祈り申し上げますね!頑張っていきましょう♪^^

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 肌ケアにプラスして考えてみたいこと   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク