20代の男性は老け顔を改善できる!?その方法は?

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 5 分 くらいで読めます】

20代男性老け顔

20代の男性で老け顔に悩む方は少なくありません。口には出さなくても、かなり多くの方が悩んでいらっしゃることと思います。

でも、老化は20歳あたりから進行するものなのです。言うなれば自然な現象なので、仕方がないといえば仕方がないのです。

とは言うものの、やっぱり腑に落ちませんよね。同じくらいの歳の人でも、まだ少年のような初(うぶ)さを残している人もいるのです。

「男の老け顔が何だー!」っていう人もいると思いますが、人から一目置かれたければ、対策を試みたほうが良いでしょう。

特に仕事では、爽やかな雰囲気のほうが、相手に与える印象は格段にUPします。女性にも「あの人ってなんかいいよね~」と思われます。

今回は、老け顔に悩む20代の男性に向けて、少しでも若く見られるような対策法をご紹介しようかと思います。

少し長いですが、ぜひ参考にして、凛々しい美男を目指されてみてください!

老け顔の原因は、雰囲気の変化と老化!?

まず先に老け顔の原因とは何か?という点を考える必要があります。
 (メンドクサイですが、ここを知っておくことが大切です)

老け顔の原因は、

* 雰囲気に起因するもの
* 本当に肌が老化しているもの

です。

この2種類はキッパリと区別できるわけではなくて、ある程度の割合で混ざり合っています。

体や心に疲労があれば表情が暗くもなります。実際に体調を崩して、肌の元気が失われていることもあります。

肌の美容というのは、良好な新陳代謝、血液循環の良さ、十分な栄養・水分補給などによって成り立っています

心調が悪くなって体調に異変を来せば、血行が悪くなったり体に老廃物も溜まりやすくなったりします。

それにより、肌にもその影響が及んで色がくすんでしまうのですね。

また、思い悩んだり、会社勤めするようになると心の面で大人になっていきます

すると疲れも溜め込みやすくなるので、実際に老化が加速したり、暗い顔になって老けた雰囲気になってしまいます。

スキンケアへの疎さも原因にあり

さらには、女性と違って、スキンケアに疎い男性は少なくない印象がありますね。

まず紫外線への対策の不十分さが一例。

肌を気にしている方だと、冬の曇りの日ですら日焼け止めを塗ったりしています。まあ、神経質になりするぎるのは良くないですが、それくらい、肌への心遣いが必要です。

 ※ 日焼けをすると、メラニン色素が生成されてシミができたり、水分が抜けて乾燥肌になったりします。

また、間違った洗顔などを行なっていると老化は早く進行します。

間違った洗顔とは、ゴシゴシこすったり何度も続けて洗ったりすることです。タオルで拭くときにゴシゴシやるのも誤りです。

知り合いに、汗をかいたときにタオルで顔をグシュグシュ拭く人がいました。それは肌にとってはNG行為です。

正しい洗顔と保湿こそが、肌のケアのベースにある!

老け顔対策のための作業として大事な一歩は、当然体内/外からのスキンケアです。

洗顔や保水・保湿など、体外からのケアがまずひとつ。そして、日々の生活習慣(食生活や睡眠、運動、ストレス等々)の対策を講じることがもうひとつです。

この体内/外からのスキンケアが、肌をいたわる上で重要です。

かなりシンプルな言い方をすれば、「健康に気を使って過ごしましょう!」ということですね。

以下では、スキンケアの基本である正しい洗顔方法と、保湿についてお伝えします。


* 正しい洗顔方法

「洗顔なんて関係ないでしょ?」と思うべからず。洗顔は基礎中の基礎なので、まずはここの質を高めることが先決です。

洗顔で抑えておきたいポイントは、以下のとおりです。

  • ●洗顔料は、肌への刺激が弱いものを用いる。
  • 撫でるようにして洗っていく
  • 絶対にこすらない
  • ●体温くらいのぬるま湯を使う。

これらをおさえていない方は、今日からでも遅くないので、ぜひ気を付けてみてください。

そして行うのは朝と夜の2回が望ましいでしょう。朝は睡眠中の新陳代謝によって発生した汚れを、夜は一日の汚れや余分な皮脂を取り除きます(乾燥の気になる方は夜のみでもOKです)。

爽やかさを求めるなら、清涼感のあるものを選ばれると良いでしょう。例えばZIGENのフェイスウォッシュようなものです。アミノ酸ベースで低刺激。ニオイも落とせます。

>> ZIGEN

(↑白いほうがウォッシュです。黒いほうは保湿ジェル。セットがおすすめ♪)

ニキビができやすい男性は、上のよりもこっちの薬用せっけんが良いです。

>> Non. A
 

正しい洗顔を毎日続ければ、肌は清潔状態を保てます。プラスして、毛穴の状態も良くなるため、保湿ケアしやすい肌に仕立て上げることもできるのです。

洗顔の必要性、お分かりいただけましたでしょうか?
そして次にやるべきケアが、保湿です。


* 男性の保湿について

男性の肌は、男性ホルモンの関係でたいてい女性よりも皮脂分泌が多いです。

なので、さほど保湿をしなくても乾燥には強い傾向にあります(皮脂が肌のバリア機能を果たすからです)。

ところが、脂性肌のつもりでも、隠れ乾燥肌の可能性も秘めている場合があります

肌の機能が落ち、奥の方が乾燥しすぎているせいで、肌が「潤そう」とヤケになって皮脂を出す。すると、見た目は脂性肌。でも本当は乾燥肌。

歳をとってくると、老化のせいでその傾向が強くなります。

肌が乾燥していると、表面上はテカっていても、その後の老化進度は大きくなり、シワやくすみが増えると言われています。

だから、隠れ乾燥肌にしろ明らかな乾燥肌にしろ、徹底した保水・保湿ケアが必要です。

いくら健康的で潤った肌の人でも、保湿は欠かさないというのが常識です。保湿は、肌荒れや外的な刺激から肌を守る方法とも言えるからです。

 ※ ただし、老化を完全に防ぐことはできません。というのも、それが自然の摂理だからです。。。

保湿方法は色々あります。

が、まずは化粧水を使うというのがオーソドックスですね。

化粧水で肌に潤いを与え、次に、美容液等で肌の美力を高めていきます。乾燥が気になる場合は、加えてクリーム等で肌を極力に保湿・バリアします。

ところが、マメな人はそれでいいのですが、スボラな人にとっては面倒でしょう。

ズボラな人は、オールインワンタイプ(たった一回で済ませられる保湿アイテム)がおすすめです。先ほどもご紹介したZIGENのフェイスジェルが、その類です。

>> ZIGEN オールインワンフェイスジェル

  ( ZIGENの体験レビューはこちら

保湿するタイミングは、洗顔後やヒゲを剃った後、風呂から出た後が良いでしょう。肌が温まっているうちのほうが、浸透性が良いです。

あと、日頃過ごしていて、肌の乾燥が気になったときも付けておくと安心ですね。

カミソリ負けは危ない!

ヒゲを剃る前、きちんと蒸らして毛穴を広げ、ローションや石鹸を付けて滑りやすくしてから剃っていらっしゃいますか?

もしそうでないなら、肌の傷みはかなり進行している可能性があるかもしれません。カミソリ負けを招くからです。別に今はまだ肌が荒れてなくても、きっちりやっている人に比べてたら老化の進行が早まってしまいます。何年かすれば差が歴然と現れてくることがあります。

カミソリを使う前は滑りを良くし、剃った後には化粧水で肌を整えておくことを忘れないようにしましょう。

肌は本当ちょっとしたことで、今後の老ける・老けないが変わってきます。

そして生活習慣にも気を遣っていこう!

先述したとおり、生活習慣の改善も忘れてはなりません。

仕事をされている方の場合は、夜遅くまで残業したり、早朝に目をこすりながら出勤したりと大変かと思います。でも、肌のこと・・・というか体のことを考えると、それだと不健康を招いています(むろん、どうしようもないことだってありますけれどもね)。

老け顔か老け顔でないか、また美肌か美肌でないかは、ありとあらゆること複雑に関連し合っています。なので、老け顔の対策というのは、生活の改善なのです!

栄養バランスの良い食事を規則正しく摂っているか?夜は質の良い睡眠が摂れているか?定期的にストレスを発散する機会を設けているか?仕事以外でも体を動かす時間を作っているか?・・・等々、追求すればキリがないでしょう。

ただ、完璧主義になって全部やるのもストレスとなります。ストレスも肌や体に悪いですから、出来ることから着手すればOKです。そして何より、ケアを楽しむことですね♪

まとめ

今回は、私から20代の男性に送る、老け顔対策の基礎的な方法でした!

肌に優しい洗顔が基本!そして、保水・保湿のケア!
カミソリ負けにも注意!生活習慣を改善!

・・・ということですね。

あくまでざっとご説明しただけなので、あとは、あなた様の生活パターンや性格に合わせてケアをしていっていただけたらと思います。

>> もう一度対策を詳しく見る

当ブログでは色々な視点から書いてはいますので、ぜひ歩き回って楽しんでいってください(^^♪

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: シーン・状況別の肌対策   タグ: ,   この投稿のパーマリンク